チキン押しでいいの?

何でも美味しい日本からフィリピンにいらしたゲストの皆さんに、フィリピンでイケている方と思ってオススメするものにチキンがあります。

実際焼き物本場のセブの方では、鳥の丸焼き(レチョンマノック)通りがあったりしますし、チェーン店のAndok’sなどは、深夜まで営業しているのもあって、深夜ラーメンならぬ、深夜鳥の丸焼きとしてぺろりと食べてしまっていた昔が懐かしい。。

フィリピンの一般家庭で、Maxレストランでフライドチキンを食べるなんて、大ごちそうですし、豚や牛に比べると、明らかに肉としてのクオリティは上の方だったのですが、今回の北海道旅行で、そのチキンでさえ負けまくりではないかとの疑惑が。

まずはこちら。ハーベスター八雲のハーブチキン。KFCの元試験農場で、KFCのチキンを更に癖なく美味しくした感じ。お値段高めですが、ものすごく柔らかで美味しい。午前のおやつの時間に来店したので、少しだけしか注文しなかったのですが、もっとガッツリ注文してもぺろりと食べてしまったであろうクオリティでした。

ハーベスター八雲チキン

小樽でミシェラン一つ星の寿司や「伊勢鮨」に無謀にも無予約で飛び入ろうとして玉砕したあとに目について入店したこちらの「若鶏時代なると本店」。後で知りましたが、地元ではかなりの有名店であったようです。

190909naruto

看板商品の若鶏定食。半身の唐揚げで1,200円(ランチは1,000円)。カリッとふわっとジューシー。フィリピンローカルピープル憧れのMaxのフライドチキンがハーフで209ペソ。ライスとスープをつければ、ペソ換算で480ペソの若鶏定食とほぼ並んでしまい、味は若鶏定食のほうが上。ぬぬぅ。日本はいいものが安すぎるからデフレっているのでは。

190909hanmi

食事がほぼ全滅だった洞爺湖の、食事処はまなすで出てきたザンギが焦げてて苦かったので、ここでリベンジのザンギ定食(800円)。

190909zangi

美味しかったですが、奥さん的には、自分のザンギのほうがもっと美味しいとのこと。確かに、奥さんのザンギおいしいですが、埼玉出身のワタシには、本当のザンギがなにか、よくわからないです。美味しければいいんですけどね。

フィリピンのチキン押しが揺らぎそうになる、美味しいチキンに出会った北海道の旅でした。


ジンギスカンリテラシー

奥さんのお母さんが北海道出身なので、ジンギスカンはある意味おふくろの家庭の味。本場に来たからには、是非ということで、北海道滞在中に食したジンギスカンは2食。

一食目。小樽で評価の高めだったのがこちら。北とうがらし本店。夜閉まるのが早い小樽の閉店した商店街の中に輝くジンギスカンの灯。少し並んで入りました。

190908kitatogarashi

北海道のゲストさんからお土産でいただくときしかジンギスカンは食べない(以前マニラでニュージーランド産のラムチョップ用のラム肉を買ってきて、骨から外してやったことがあったのですが、手間が大変)ので、あまり詳しくないのですが、今は、タレに漬け込むタイプよりは、生肉を方法の方が主流なように思いました。このお店も、生肉派。

190908kitajingisukan

奥さんの実家では、にんにくをこれでもかと効かせたタレに漬け込む方式だったそうで、これはこれで美味しかったのですが、奥さんとお父さんには思っていた味ではなかった模様。

シメに焼きうどんをするのは、初体験でした。辛めのつけダレ(おろしにんにく過剰投入済み)にからめて、美味しいです。ジンギスカン→うどんはマストなコンボのように思います。

190908udon

肉はすぐに焼けるし、野菜も鍋に最初からのっているのを焦げる前に食べないといけないので、通常の焼き肉より忙しいし店の回転も早いような気がしました。

食べ放題が可能な店舗も多いようですが、ラムばかり食べ放題は飽きると思うけれど、高校生ならいけるかも。

二軒目はタレに漬け込んだラムを使った店がいいということで、札幌の老舗、松尾ジンギスカンへ。ここのジンギスカン鍋は特注品で、野菜を受ける裾野が少し深めになっていて、そこにタレを足して野菜は煮るところ。

190908matsuojingisukan

肉自体に味がついているので、つけダレは付属しません。奥さんの家では、漬け込んだ肉を焼いて、さらにつけダレにつけて食べるスタイルだったようで、ここでも少し違った模様。

ラムの心臓(ハツ)ははじめてでしたが、まぁまぁ。別にわざわざ頼まなくてもいいかなという食感と味。

190908ramhatsu

タクシーの運転手さんに美味しいジンギスカン店について質問すると、「家でしか食べない」という答えが返ってきました。一番なのは、自由のきく家飯ジンギスカンなんですね。

次回はキッチン付きの宿に泊まって、市場で好きなものを買ってきて食べたいねぇ等と奥さんと話していましたが、キッチン付きの宿にジンギスカン鍋まで用意がはたしてあるのかは疑問です。


2019年北海道旅行ジャンクフード雑感

今回の旅行記は、毎日の出来事を時系列で追うのではなくて、テーマごとにまとめてブログにしようと思います。

今日のテーマは、北海道旅行中に食べた食べ物のうち、寿司や海鮮など以外の高脂肪で高塩分の食べ物です。あえて言おう「ジャンクであると!」。

最も美味しかったのが、こちら。函館空港と函館の間にある温泉街、湯の川温泉にある、ラーメン「一文字」。函館ラーメンといえば「あじさい」が有名なようですが、北海道在住のなめだんごさんのおすすめは断然こちら。

一文字の塩ラーメン

普段塩ラーメンは食べる機会が殆どなくて比較のしようがないのですが、文句なく美味しかったです。炙りチャーシューも香ばしくて○。できればもう一回食べに戻りたかったです。

湯の川温泉一文字

餃子も美味しい。

190906gyoza

次点は札幌の味噌ラーメン店、「大公」。昭和41年創業の老舗で、芸能人も多数来店歴あり。奥さん曰く、北海道のラーメンといえばバターコーンっしょ、ということで、看板ニューの味噌バタコーンラーメンを注文。

大公味噌バタコーン

非常にオーソドックスで安心の美味しさ。かつ、子どもの頃関東で食べたものよりバターが美味しい気がしました。

190906taiko

函館ご当地グルメのハンバーガー店、ラッキーピエロ。函館以外では食べられないということで、奥さんとお父さんをおいて一人で入店。さっき遅めの朝食を自由市場で食べたのだけれど、ハンバーガーは別腹?

190906lucky

一番人気は、チャイニーズチキンバーガー。バンズにごまがきいていて、美味しいです。ファーストフード店ではないので、結構待たされましたが、ホカホカ。

190906burger

セットにして付け合せのポテトにホワイトソースがかかっているのは斬新。合わせるドリンクが烏龍茶なのも新鮮です。中年なので、毎日食べたい美味しさかというと、そこまでではないのですが、豊富なメニュー。次回函館入りのときはまた来店したいです。

190906set

今回回った街のうち、札幌以外はすべて閉店時間が早くて、気にはなっていたけれど食べられなかったラーメンも多数ありました。

洞爺湖の噴火ラーメン。午後9時までやっているはずだったのですが、ぎりぎり間に合うかと息せき切って訪問すると、閉店。。。お客さんがいないと早めに閉めてしまう田舎あるあるにやられました。キムチののったラーメンらしい。ウェブ上の評価ではたいしたことないそう。

190906funka

宿泊したゆとりろ洞爺湖のすぐ裏手にあった、ミシェラン一つ星のまずいラーメン屋という一本亭も夜で閉店。洞爺湖ではラーメンにありつけませんでした。

小樽も夜は軒並み閉店が早く、シメの時間にラーメン屋はほぼ壊滅。遅い時間までやっていた「めんや」に滑り込むも、汚い店内に奥さんの食欲はゼロ。小樽名物のあんかけ焼きそばも品切れで、私だけラーメンを注文しようとしたら、「二人できて二品注文しないなら帰ってくれ」との貧相な店主のつれない言葉。はい。二度と来ません。

小樽めんや最低

高評価のラーメン店がスープ切れで閉店だったり、たまたまの夏休みの複数休日日にあたってしまったり、最低の「めんや」に翻弄されたり、二晩にわたって放浪した小樽の夜、最後にたどり着いたのは、運河の近くの観光客向けのラーメン屋「うんが」でした。

190906unga

超高温の味噌ラーメン。素手ではどんぶりを持てないので、鍋つかみを使います。味は普通。

190906ungaramen

海鮮や乳製品、野菜、フルーツなど、美味しいものが目白押しの北海道にあって、ラーメンは押しが弱かったように思います。札幌など店舗の多い街で食べ歩くべきか(そんなに使命感を強く保つ必要もないのですが)。


一時帰国にともなう休業のご案内

通常はタケノコ掘りに合わせて4月に帰国していることが多いのですが、お父さんの足の良いうちに、50年ぶりに北海道旅行をしようということで、2019年9月2日〜12日の間日本に一時帰国します。

その間アニラオヴィラマグダレナはお休みとさせていただきます。

9月13日から平常通り営業いたします。

マニラ→羽田→函館。はーるばるきったぜはーこだてー。朝マニラを出て夕方着いてしまうなんて、近いぞ北海道。

190902hakodate

マニラー千歳間の直行便も飛んでいるので、生物のお土産を買うことも視野に入れると、次回は著効便利用もいいかも、と来年も行く気満々?


臨時のダイブショップ

9月に入りました、アニラオです。水温29度。

アニラオの午前の海

知っている人には言わずもがなの、フィリピンでは9月からクリスマス。ショッピングモールでは今日からクリスマスグッズ販売開始ですが、日系のアニラオヴィラマグダレナでは、まだそれほど浮かれていません。

ハダカハオコゼさん。写真提供、居酒屋川崎さん、ありがとうございました。

アニラオのハダカハオコゼ

9月2日〜12日までお休みをいただくのですが、その間、ダイブショップの拡張工事を行うため、すでに荷物は別部屋に移動。ウェイトの出し入れはシャワー前の荷物置き場で行います。

190901divetemp

工期は20日間ということですが、そのとおりに終わる確率は低いフィリピンです。しばらく皆様にはご不便をおかけいたします。

エンリッチド・エア・ダイバーの講習中。脇見をさせてしまう先生の力量の無さ?

マニラエンリッチド・エア・ダイバートレーニング