それなりの浮遊系

スカッと晴れたアニラオです。水温25度。

アニラオの午前の海

朝落ちていたクモ。お腹がヘコんでいるから、卵を産んで力尽きたのでしょうか。先日の蝶は好評価でしたが、これは不人気でした。

190209spider

ボートが出たあとのハウスリーフでは体験ダイビング。

マニラ体験ダイビング

海岸に降りる階段付近の柵を延長しました。転落した人がいたわけではありません。念のため。

190209post

日本から届けられた新刊2冊。貝の図鑑はフェイスブックのグループでおすすめだったので購入ですが、一般ユーザーにはちょっとマニアック過ぎかもしれません。

水中生物図鑑と写真集

峯水さんのプランクトンの写真集はとても美しい。日中見る海の生き物でさえ美しさや、はっとする発見がありますが、プランクトンはそれに輪をかけた驚愕の造形と色彩です。

久しぶりにタイミングがあったので、集魚灯をつかったナイトダイビング。

アニラオライトトラップ

アニラオライトトラップ

アニラオライトトラップ

アニラオライトトラップ

アニラオライトトラップ

アニラオライトトラップ

アニラオライトトラップ

アニラオライトトラップ

ボツ写真を入れれば、被写体数は無数で、ほぼ休み無しで撮影していました。

クリスタルブルーやアニラオフォトアカデミーで実施している、ドン深の沖合の深夜のブラックウォーターダイビングほど深海生物は出ませんが、富戸のオーシャンズファミリーさんと一緒に試行錯誤して落ち着いた、陸の近くの流れなしのポイントでおこなうこれでも、まぁいろいろ出て、私は気に入っています。

沖合深夜のブックウォーターは、現地ガイドやボートマンにはもちろん大不評で、アニラオのガイド連盟からガイド料を大幅に引き上げるという通達がきました(強制力はなさそうですが)。

写真提供とダイビングお付き合い、アンダーウォーターフォトグラフィーさん。ありがとうございました。


グッバイPICエンベロープ

今日はのんびりのアニラオです。水温25度のヘアリーフロッグフィッシュさん。

アニラオのヘアリーフロッグフィッシュ

PADIのダイバー申請を封筒からオンラインにかえて、大量に残っていた申請用紙・封筒40枚をPADIに返却。これで一通70ペソの国際郵便送料やら、封筒がフィリピンの郵便システムの中でロストしていまい再申請の用紙を大量に作るのともおさらばです。しかし、この紙が約72,000ペソ(153,191円)。PADIさん、儲かっています。

190208pic

まぁ、オーストラリアからフィリピンにカードが送られてくる途中でなくなってしまうリスクは依然としてありますけどね。リスク半減になっただけでもこちらは助かります。

しばらくご無沙汰だったChina ramenの麻薬入り牛肉焼きそば。前よりマイルドな味になったような気がしますが、この店では私イチオシの麺です。

190208ramen


ミジンの俯瞰

いい天気のアニラオです。水温25度。

アニラオの午前の海

アニラオの砂地で多く見られるミジンベニハゼ(の外国版という噂もありますが、とりあえずミジン)、こういう真上からショットは珍しかったです。

アニラオのミジンベニハゼ

コーヒーテーブルの下のタイルも張替え。こぼしたときに掃除しやすいタイプを選んでいます。

190207coffeetable

ダイニングの男子トイレドア、外開きになりました。入りやすくなった一方、外に人にぶつかるリスクがありますので、開けるときはゆっくりでお願いします。

190207door


モーターでしょう

いい天気のアニラオです。水温25度。

アニラオの午前の海

海綿のトンネルに生息する、エビさんペア。写真提供アンダーウォーターフォトグラフィーさん。ありがとうございました。

アニラオのクシノハカクレエビ

コーヒーテーブルの拡張、形になってきました。

190206coffeetable

2台あるコンプレッサーのうち一台の動力をエンジンから電気モーターに換装。停電する国なので、もう一台のコンプレッサーのエンジンはしばらく据え置き。

190206motor

滑車がちゃんと揃っているのか、目視で確認しているけれど、日本だったら道具を使って揃えそう。実際のところどうなんでしょうかね。

夕日撮影していると目がおかしくなります。綺麗なんですけど、直視し過ぎに注意。

海と夕日


コーヒーテーブル拡張

よく晴れたアニラオです。水温25度。

アニラオの午前の海

ダイニングのコーヒーメーカーの台を拡張することに。2台乗っていたのが、4台まで置けるようになります。ヴィラマグダレナのダイニングのコーヒーは、フィリピンのバタンガス州で生産されている豆のコーヒーです。

190205coffeetable

ウミエラにのって生きているこういうエビの棲むウミエラが倍の大きさになった的革新と言えるでしょうか。というか、4つもコーヒーメーカー多すぎませんか?

ドリップしたコーヒーをポットに入れておくのもいいかもと思っています。それなら酸っぱくなりにくいはず。

190205umieraebi

男子トイレのドアが内開きで使いにくかったのを外開きに変更の工事開始。

190205crdoor

ナスとトマトとオクラが畑でとれました。

190205vegetable

午後2本のんびり目で潜ると、ちょうど夕日の時間。

海と夕日