ベルデ島遠征で熱いキッス

ベルデ島(Isla Verde)遠征日です。

ベルデ島はアニラオから東方、シークレットベイのあるバタンガス湾を横断した先にあります。バンカボートで1時間30分くらい。

前職場のパシフィコアズールの時代に何度か遠征を組んだことがありますが、ヴィラマグダレナでははじめてです。なんでこの時期にかというと、マニラ駐在のバスケットボーラーさんが帰任になるのでその前の記念にということで。

(ダイバー5人+ガイド1名)☓2ボートで、12人のダイバーが参加。いつもより大きなボートを使うので、全員乗れないこともないのですが、途中エンジントラブルがあったときの保険で2ボートにしています。

朝5時集合、5時30分出港。前泊の人は前日のうちに器材を用意しておきました。当日集合組も、遅れずに集合。すばらしい。けれど、寝不足。マニラ出発3時だそうです。

180113morning

今回のボート、なかなかのスピードです。夜の明けないうちは空気も冷たくて、ウィンドブレーカー必須。私はTシャツでたまに鳥肌が立つ程度。我慢できました。

ベルデ島手前から波が高くなってきて、飛沫を被ることに。体が冷えるのでウェットスーツに揺れる船上で着替えましたが、これだったら最初からきていたほうが安全でした。

1ダイブ目の目的地は島の東側の沖に突き出た根、アガピトポイントです。ベルデ随一の魚影とサンゴ、朝食後2本目もここの予定ですが、これまでに遭遇したことのないほどの大きな波。朝一でこれだと、日の登って波の高くなる2本めの時間は無理だろうなぁと内心思いながらエントリー。はいってしまえば波の影響はありませんでした。

透明度は朝で暗いのもあって20メートルくらい。合格点。流れの都合で左回りで根を一周回りました。北側にでるコーナーがいつも流れているのですが、今日は渡りきれないほどではなく無事一周。ギンガメの群れはいなかったですが、人サイズのイソマグロやら、スナッパーの群れやら。地形もダイナミックでグッドです。

途中、スイートリップス2匹が口づけを数回にわたって交わすシーンに遭遇。喧嘩にしては激しさがたりないし。なんだったのでしょうね?

エキジット後、はやり二本目同ポイントで続投は無理そうなので、波のないウォッシングマシーンへ移動。朝食はその近くの浜でとりました。

丸のハムをスライスして、サンドイッチにして頂きます。ゆで卵とバナナも添えて。フルーツジュースも用意してあったのですが、1本目で冷えた体にはお茶と紅茶が人気で沁みました。

2本目ウォッシングマシーン。序盤はのんびり。20メートル付近に亀裂が複数あり、今回は大きなネムリブカが入っていました。

くぐれる穴もあって、サイドマウント組は当然ペネトレート(って1メートルない)。

ウォッシングマシーンの名の由来、後半の洗濯板状にギザギザになったエリアにはいい潮が入っていました。程よく洗われる感じですが、安全停止をとれる6メートルより浅い場所が少ないので、程々にして後はブルーウォーターの中をエキジット。

3本目、マラヒボンマノックに潜る前に、BBQセットを島に下ろしてスタッフに焼いてもらいます。

激流が予想されたマラヒボンマノックは、今日の3本の中で一番のマイルドカレント。大物はイソマグロくらい。島の南側を潜って、サンゴのきれいな北側の角までいきたかったのですが、ちょうど向かいの潮に変わってしまって今日は断念。なにしろ、全ダイブ泳ぎまくるタイプで、いい運動でした。

消費したカロリーを挽回すべく、島のバーベキューに突入。チーズハンガリアンソーセージまるかじりがうまし。

集合写真もね。ボラカイのダイビングショップ、アイランドスタッフのユーリンさんも参加でした(写真中央でちっちゃく写っている実はおっきい人ね)。

180114divers

まとめた動画はこちら。

充実した一日が終わりました。

180113sunset