丸亀うどんで牛丼

マニラデー。アニラオの海は今日は穏やかです。

アニラオの午前の海

大きめのゴミ箱購入。望み通りのものにであえることはなかなかなく、あったときには即買いしておかないとあとで後悔します。

180803dastbox

チープな牛丼が食べたくなり、Yoshinoyaでなくて、丸亀うどんの牛丼に挑戦してみることに。牛丼本体170ペソ。天かすとネギはモリ放題なので、独自のトッピング。ちょっと油っぽくなってしまいました。紅生姜が取り放題だったらよかったのに。お腹は満ちました。

マニラ丸亀うどん牛丼

留守にしている間に進んだ、リゾートの手すり。工事前に打ち合わせしたものと違うデザインに。結果やり直し。。。言ったとおりにできると思うな、フィリピン。

180803saku


まだやる?山下財宝

荒れ模様のアニラオです。昨日マービンが波に飲まれたこともあって、今日は潔く朝からジープニーを利用することに。レスキューダイバートレーニングも、シークレットベイで。

アニラオの午前の海

雨でも晴れでも、ガイドのダンディは楽しそう。

180716jeepny

午前中、奥さんとお父さんは、卵黄60個をつかって、卵油づくり。アニラオで作るのははじめてです。血の巡りをよくし、体調を整える伝統的な健康食品だそうです。いっとき奥さんの実家で常飲していたものを、復活させることに。できるのに3時間くらいかかります。

卵油づくり

午後になってロミーがリゾートを再訪。?トレーニングは午前で終わっていたはずなのにと思っていると、ある地図を翻訳してくれと。来ました。久しぶりの山下財宝マップ。

180716yamashitazaihou

NGO時代に何度か目にしたことがありましたが、この10年お目にかからなかった、フィリピン人(ある一定数の日本人もまだ掘っている)の夢、マレーの虎、山下陸軍大将が戦時中に大陸から集めてきた財宝をここに埋めたぞ地図です。ほぼ全部がガセネタ。

親戚が掘っているのだけれど、ピンポイントで場所が知りたいから、この地図に何が書いてあるのか翻訳してほしいというのですが、日本語では書かれていません。山とか川とか、漢字に読めなくもない記号が一部混じっていますが、ほかは日本語には使わない記号で書かれています。

これは日本語でないから無理といっても、諦めきれないようで、お父さんにもあとで聞いてみたようです。

解読にチャレンジしたい方は、滞在時にお知らせください。ロミーは喜んで地図を持ってくることと思います。

日本から届いたメモリを、マックに刺し刺し。最初から実装されていたメモリは交換せずに残したので、これで40G(最大化すると64G)。20年以上前の最初にさわった最初のマックなんて、メモリ8メガとかだったのに、単位がちがう。

180716memoryzousetsu

お土産でいただいた、こちらのペヤングも、単位は(名前はだけど)ギガマックス。。。。奥さんとお父さんと3人でいただきましたが、食べきれず残りは明日に持ち越しました。

180716peyanggigamax


細切りが課題の空芯菜サラダ

ついに天気が崩れだしたアニラオです。出発時はリゾート前から。降りるときにはものすごい高波で、マービンが波に飲まれました。泳げるようになっていてよかったです。

アニラオの午前の海

というわけで、ボートはシークレットベイで下船して、ジープニーでリゾートに戻ってきました。

帰ってきての昼食。先日ベトナム料理屋のインスパイヤされた、空芯菜のくるくるサラダ。空芯菜カッターがないので、包丁でできるだか細くカット。でも、太くて硬かったです。。。。

180715kushinsai

やはり空芯菜カッターを手に入れるか自作するしかないのかなぁ。


安心感増加の寿司つむら

曇で波のアニラオです。水温29度。水の中にいたほうが暖かいかも。

アニラの午前の海

本日昼前にあがっていらしたゲストさん。オコゼに膝を刺されたということで、お湯で治療orz。

180712oyu

特徴から判断すると、犯人は、こいつ。ヒメオニオコゼさんです。5ミリのスーツでも貫通しますので、砂地で写真を撮る際には十分ご注意ください。

ヒメオニオコゼ

夜はマカティの寿司つむらへひさしぶりに。ロックウェルにあった姉妹店の呉竹を締めたそうで、呉竹に出向で板前をしていたジュジュン(写真中央)が戻ってきていました。

180712sushitsumura

つむら大将の30年来のお弟子さんで、一店舗まかせてきちんと日本の寿司の味の出せる片腕のジュンジュンと、厨房を仕切るベテランの木村シェフが戻ってきたことで、なにを食べても美味しい安心の寿司つむらがさらにレベルアップしたようです。


これは真似たい空芯菜のクルクルサラダ

最近チャンスがあれば行くことにしている、マカティのグリーンベルト5に新しくできたベトナム料理屋のプロパガンダ。食べたことのないメニューがあるのでリピートしているのですが、それと同時に、リゾートの食事に使えるアイディアも貰えそうなので訪れています。決して食いしん坊だからではありません。

モーニング・グローリーのガーリックソテーというのがありました。はて、朝顔? と思って聞いてみると、空芯菜(フィリピンでいうカンコン)のこと。タイ料理などにもあるあの定番の炒めものです。少し甘めの味付け。200ペソ。

180709kushinsai

ライスヌードルの一番上に書いてあったメニュー。卵豆腐の厚揚げと野菜がてんこ盛りに乗ったライスヌードル。250ペソ。なんだかこの店に来ると野菜ばかり。いいことだけどねっ。

180709saladmen

写真右のくるくるしたのが新しい食感と味で、店員さんに聞いてみると、なんと空芯菜。生で食べるの初めてです。これはアニラオヴィラマグダレナでも真似してみたい。

180709kuusinsaicutter

本場ベトナムでは、このクルクル空芯菜を作るための専用カッターがあるそうで、以前マニラの食材店で見かけたことがあったと奥さんがいっていたのですが、今回を機に探してみましたが見当たらず。包丁で細く切らせるのは、うちのスタッフには難しいかなぁ。いずれにせよ、近々トライしてみます。