チョウもいいけどトンボもね

日本の海の日連休のアニラオです。まぁ例年通りのぼちぼちです。日本の海が遊べるシーズンですからね。水温30度。

アニラオの午前の海

アニラオのチョウを先日紹介しましたが、チョウほどではなくてもトンボもいます。昆虫好きには良いシーズンですね。

170715tonbo

チョウよりとまっている時間が長いので、写真はとりやすいかも。最近増えているハエを是非やっつけてもらいたい。

170715tonbo2

一匹目と色合いが似ていますが、複眼が明らかに違う子。図鑑がないので、なんとも名無しどまりなのが少し不満です。

170715tonbo3


パロパロの季節

去年もブログにあげましたが、7月にはいって蝶が増えてきました。アニラオヴィラマグダレナのダイニングエリアにも常時数匹居ますし、リゾートの周りを少し散策するだけでたくさんの蝶とであえます。

チョウチョ、タガログ語ではパロパロです。

ただ、雨が嫌いな生き物なので、お日様のてっているときにバタフライウォッチになりますので、帽子があったほうがいいですね。

日が陰ってからと思って先日夕方前に散策してみましたが、そのときはみな草の陰で休んでいて観察できませんでした。

先日のアニラオ最高峰グルゴッドバボイの帰り道には違う種類の蝶ともであえました。標高が違うと少し生息種も違うのですかね。

パロパロのシーズンのうちにまた観察の機会を作りたいとおもいます。


パロパロとバロバロソース

いい天気のアニラオです。青い!

アニラオの午前の海

ヴィラマグダレナのダイニングにもチョウチョが舞い込んでくる、蝶の多い季節。リゾート敷地内と周辺を小一時間散策すると、20種類弱のチョウチョと出会うことができいました。

蝶はタガログ語でパロパロ(palo palo)といいます。花から花へ飛ぶ様から、男性の浮気者の意味としても使います。

体調不良でゲストキャンセルになりましたので、マニラへ。日中の移動なので、道が混んでいて少し時間がかかりました。

遅い昼食をボニファシオグローバルシティで。

ヴィラマグダレナがロケ地になったBS日テレの番組、「麗しのフィリピン」でタレントさんが食べていた、プラプラのバロバロソース付けからし菜巻きを何処かで食べにいかないといけないねぇといっていたのですが、同じメニューがある、フィリピン料理屋のアベ(Abe)へ。

160726abe

番組ではパロパロ(palo palo)ソースと紹介されていましたが、正式にはバロバロ(balo balo)ソース。発酵させた米です。酸味と、すこしシュワっと舌の上でします。からし菜が2枚しかついてこなかったので、一人一枚ずつ、くるんで食べました。なかなかグー。

160726plapla

残りの大部分はトヨマンシー(醤油とカラマンシー)をつけておいしく頂きました。どの店でも、身をひらいて揚げて提供されるのがプラプラの供し方のよう。ダンボみたい。

プラプラ、ティラピアの赤いやつをそう呼ぶようです。種類の違いなのか、体色だけの違いなのかはわかりません。

バンブーライスも美味しかったです。

160726bamboorice

普段アニラオでフィリピン料理なので、マニラでフィリピンレストランにいくことは稀なのですが、こういう、お勉強になる店なら積極的に今後もトライしようとおもいます。

ちなみにAbe、家の近所のグリーンベルト5に入っているFerry Jと同じ系列のレストラン。メニューにも似たものが結構ありました。


妻、虫を追う

連休最終日で、今日日本に帰国のゲストの多いアニラオです。水温25〜26度。

アニラオの午前の海

最近、奥さんが虫を追うように。特に蝶や蛾が気になるよう。水中生物の観察の好きな方には虫好きな方もかなりの割合でいらっしゃるようで、年末にいらした蛾ラバーの方に感化された模様。

アニラオの蝶

いっときの熱が冷めた、チョウチョウウオウォッチング。思い出して、ツーアイコーラルフィッシュさん。

アニラオのツーアイコーラルフィッシュ

観葉ヤシ、引っ越しするのは全部で5鉢です。

160111ueki

今日の夕日。右に移動中で、もうしばらくすると海に沈むようになります。

フィリピンの夕日
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いします。


洗剤油水でアブラムシ退治に挑戦

今日も良い天気のアニラオです。水温29度。

アニラオの午前の海

ボート出発の後のハウスリーフではオープンウォーターダイバートレーニング。

マニラオープンウォーターダイバートレーニング

ダイニングに電灯増やしました。貝殻からつくった、カピスの傘です。

150921lights

ダイニング外側にも電灯設置。電気屋さん活躍の日です。

150921outlight

夜になると黄色い花を咲かせていい香りを出すダマデノーチェにアブラムシが付いてしまいました。農薬を使わないで退治する方法の一つ、石鹸油水をためしてみることに。

150921abura

ペットボトルに2リットルの水、ペットボトルの蓋1杯分の食用油、同石鹸水をよく降って混ぜてアブラムシに散布すると、窒息死するのだそうです。同じ原理で牛乳も効くとのことですが、フィリピンでは牛乳は高級品なので、却下。

石鹸水は石鹸がなかったので、食器洗い洗剤で代用してみました。

よーく振ったあと、このスプレーで散布。殺虫剤のような即効性はないようなので、しばらく様子を見ながら何度か散布してみます。

150921spray

紫のかっこいいアリがいました。洗剤水はかけませんでしたよ。可哀想ですもん。

150921ant

そして、いい色の夕日。

フィリピンの夕日
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いします。