Wild Flour

マニラマカティで当たりのレストラン

朝からマニラで用足しをしています。銀行は開店の9時に入るべし。昼過ぎだと無用な待ち時間をすることになりますので、これは決まりです。今日は行きませんでしたが、その他役所関係も、窓口が開く前から待って、開いたと同時に済ませるのがいいです。

151006building

アヤラトライアングル横のフィリピン証券取引所のビル。

シャワーの水漏れ直したり、アニラオの買い物をしているとたいてい昼食は昼時には食べられなくて、今日も遅いランチ。

狙うのは、フィリピンプライマーに載っていた、Rural Kitchen of Liliw, Laguna。売りの豚アドボから、マグダレナで出しているアドボの味アップのヒントがもらえないか。パコという山菜があるのですが、通常は生で出すため日持ちがしないので、ここが出している茹でた方法がどうなのか味見してみるためでした。

が、なにか問題があったようで、午後4時まで閉店だそうで、腹ペコのお腹を抱えて放浪することに。ちなみに、プライマーの地図上のお店の位置、間違っていました。Dela Rosa通りに向かって左側にあるように書いてありましたが、隣のセブン-イレブン共々、右側にあります。

かわりに入ったのが、 同じRadaストリートにある、Wild Flour。Rural Kitchenを探している間に前を通りかかった時に、ほぼ満席だったお店です。

151006wildflour

カフェということですが、ワインや海外物のビールもおいてあります。

お通し?はバゲット。午前中だったら買えるそうですが、午後だとレストランで出すぶんしかおいてなくて、販売は不可。カリッとしていて美味しいです。かなりおすすめ。ワインともよくあいます。

151006buget

一番人気の、オーガニックチキンのガーリックグリル。柔らか目のマッシュポテトがソースと絡んで、マッシュポテトを見直しました。塩加減も焼き加減もグー。

151006chiken

二番人気の、イカスミを練り込んだ多分手打ちのフェットチーネ海鮮クリームソース。

151006fetchen

二人で二皿を分けて、グラスワイン1杯ずつ飲んで、サービス料10%ついて、1,800ペソ。日本円で一人あたり2,337円。フィリピンの物価からは高いですが、私の実家のある埼玉の田舎の方で、この値段でこのクオリティのレストランはなかなかないです。お勉強になって、お腹も膨れて、幸せ度アップ。

埼玉といえば、ノーベル物理学賞受賞の梶田隆章さん。おめでとうでした。高校の先輩だったみたいで、NHKの取材で母校の男子校(←未だに男子校のままでした)が映って懐かしかったです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">