タンタンメンハウス

マニラデー。コンプレッサーのパーツを買ったり用足しをするなかで、昼食はさっと食べたかったのと、気になったことは挑戦してみようということで、過日看板を見ていて奥さんがすっ転ぶことになった因縁のTantan men housで食べてみることに。

180129tantanmenhouse

場所は、デラロサとラダとカストロストリートの角です(Unit G-16 Rada Regency, Castro Street, corner Dela Rosa street, Legaspi, Village,, Makati City, Legaspi Village, Makati,)。

メニューは、タンタン麺(150ペソ)、とんこつラーメン(150ペソ)、醤油ラーメン(130ペソ)、餃子5個(80ペソ)、餃子3個(50ペソ)とシンプル。

看板商品のタンタン麺と、マニラで美味しい餃子を探し隊として注文した餃子3個。なんと注文して90秒で出てきました。茹でておいてたな。。。

180129tantanmen

フィリピンでよくある、スープがぬるいのはなかったですが、スープが薄いです。辛味もほぼなし。ひき肉もグニャグニャ。ラー油を入れて味を調節しましょう。麺は緩め。ローカル向け日本食チェーンのTokyo Tokyoのラーメンと同じくらいのレベルです。狙いがローカルなので、当然の帰結ですが、確認できました。食べて納得。

で、ここで疑問が。具がチンゲンサイと辛ひき肉と薄いスープだけで150ペソならば、チンゲンサイとチャーシューとたまごがトッピングされているとんこつラーメンと醤油ラーメンのほうがオトクなのではないか。

その日に2杯食べる気力はないので、後日、とんこつラーメンを食べに行きました。

180129tonkotsu

相変わらず90秒で出てきます。もう驚きませんけどね。油の浮き方がなんか変。今回はスープがぬるかった。かつ、チンゲンサイが生疑惑が。歯ごたえあり過ぎの青臭さがにじみ出る。検証したかったのですが、急いでて一口でチンゲンサイを食べてしまったので、生だったかどうかは不明ですが、咀嚼してプチドッキリでした。

チャーシューは、柔らかいところはいいですが、味がほとんどしみていないので、ゆで豚が適した表現。ゆで卵を失敗するにとはいないでしょうから、たまごは普通でした。栄養的には、タンタン麺より少し優れていそう。

餃子について書き忘れていましたが、Tokyo Tokyoレベルです。揚げと焼きの中間くらいの仕上がりの冷えたものが出てきます。

最後の一品、醤油ラーメン、挑戦に行くかなぁ。ほぼ結果は見えていますけど、いつか行っちゃうんだろうなぁ。

チャレンジついでに、同じデラロサにあるたこ焼きに屋にも挑戦。6個はいって110ペソ。マニラ市内のたこ焼きとしては高い価格設定です。

180129takoyakiya

味は、うまくも不味くもない。でした。それから、醤油の小皿に洗った後の水が残っているので、こっそり捨ててから醤油とラー油を注ぎましょう。それにしても、オフィス街の勤め人のおやつを狙ったこのお店。おやつに110ペソ出せるようになるなんて、フィリピンも豊かになってきている証でしょうかね。

180129takoyaki

夜になって、ちょっと買い物のつもりが、カートに乗り切らないことに。明日朝、本棚などと一緒にアニラオに持っていきます。

180129kaimono


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">