レスキューダイバー

もしも自分の家族が水辺で溺れかけたら? 指をただくわえて見ているだけでいたくない貴方は、レスキューダイバートレーニングを受ける心の準備ができています。

パニックにならないためのストレスのコントロール方法、自分自身、バディの水中水面での様々なトラブルへの対処法を学びます。

PADIレスキューダイバー

参加要件:アドバンスドオープンウォーターダイバー
     フィンを使ったカエルキックができることが望ましい      
     2年以内にPADIのEFR(イマージェンシーファーストレスポンス)コースか、他団体(例えば赤十字など)の心肺蘇生法と応急処置のトレーニングを終えている。  

     ※他団体の心肺蘇生と応急処置のトレーニングを終えられている方は、PADIがレスキューダイバー参加条件として認める団体のものか照会しますので、ご相談下さい。
PADIのEFRコースは3,500ペソでヴィラ・マグダレナでも受講可能です(要1日)。

EFR

料金:18,000ペソ(教材、トレーニング、認定料、器材レンタル込み)

修了必要日数:3~4日        
       ご要望に合わせてアレンジします。トレーニングスケジュールについてはお問い合わせ下さい。

必要な持ち物:水着、ビーチサンダル、日焼けの気になる方は日焼け止め

お申込み、お問い合せはこちらから。