誰の卵?

シャコの持っていた卵、誰のでしょう

朝が干潮のアニラオです。水温26度〜27度。

アニラオの午前の海

体長1センチもない極小のシャコが、体に不釣り合いな大きさのつぶの卵を抱えていました。最初はシャコの体が見えなくて、赤い卵塊が小さなウミウシにみえていたのですが、シャコに持ち運ばれているものだとあとで判明。

シャコとなぞのタマゴ

シャコは動かないものには手を出さないだろうから、自分で動かない卵に飛びつくことは考えづらく、抱卵中の魚を襲って、親は逃げて卵だけがシャコに捉えられたのではという解釈になりましたが、詳細は謎です。

毎日潜るごとに発見がありますね。写真提供カンチャンさん。ありがとうございました。

フィリピンオリジナルはチョコをかけないのですが、シェフが追加でデコレートしたバナナ春巻き。

バナナ春巻き

サンセットダイブ出しました。新月間近なので、テグリ系は少し元気なし。

フィリピンの夕日

夜のシーフードバーベキュー、火の通り加減よろしでした。

シーフードバーベキュー
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いします。