フィリピン観光省のパンフレットにも載りました

『月刊マリンダイビング』からのスピンアウトです

今日は少し時間が空いたのと、お誘いいただいたのとで、『月刊マリンダイビング』他を出版されている、水中造形センターさんにお邪魔してきました。

水中造形センター

最寄り駅は永田町。すっかりおのぼりさん状態。

いろいろお話を伺ったのですが、おみやげの一つがこれ。

フィリピン観光省パンフレット

2015年2月10日発売のマリンダイビング3月号の記事を元にした、フィリピン観光省オフィシャルパンフレット。

セブやボホールなど、フィリピンのメジャーな土地を差し置いて、アニラオがトップでの取り扱いです。月刊誌の記事を元にしているので、×ドナルド→◯ロナルドなど、誤植も訂正されています。

しっかり観光省に配ってもらってアニラオの知名度アップといきたいところです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">