第5回アニラオフォトコン結果発表

第5回アニラオフォトコン結果発表

第5回アニラオフォトコンの作品提出締切日を迎えました。

今日の受付時刻は、朝6時〜8時の2時間のみ。これも、もともとの予定は、7時〜8時の1時間のみ。これでは流石にまずいということで、Facebook上で時間の変更が伝えられました。この、開催期間中にFacebookで変更のアナウンスがあるの、しばしばありまして、来年以降も参加するなら、Facebookのチェックは毎日欠かせない教訓です。

171201surrender

昨日のブログにも書きましたが、2時間で3台のパソコンで処理できる受付は、推定36人前後。眠いですが、待つのは嫌なので、リゾートを5時50分に出発して一番で提出してきました。

ヴィラマグダレナからは、コンデジクラスに2人、オープンクラスに5人が提出。手元にデータがあって紹介できる作品は以下のとおりです。

コンデジクラスのロナちゃんの作品はこちら。

マクロスーパーマクロのワレカラさんよー。

ワレカラさんよ

ウミウシポートレート。

ウミウシポートレート賞受賞

フィッシュポートレート。新兵器2個を使用して撮影。

フィッシュポートレート

イカ・タコポートレートのヒメイカさん。

ヒメイカ

水中生態の捕食中のカニダマシのチビ。

カニダマシ

去年棚ぼた的にコンパクトクラスで総合一位になってしまい、今年からオープンクラス参戦の私のはこちら。

マクロスーパーマクロ。掟破りのかなりのトリミング。

171202macro

ウミウシポートレート。ウミウシ、これ一枚しか撮ってない。

171202umiushi

フィッシュポートレート。入るとしたらこれくらいと思っていたミジンベニハゼペア。あくびの子のピンがあまいのよ。

171202fish

イカ・タコポートレート。出せる被写体、ハナイカしか撮れませんでした。昼撮れるイカ・タコでノートリミングで出せるのなんて、ハナイカかミミックくらいしかいないじゃん。。もっと積極的にナイトダイブに参加すべきだったか。。

171202ikatako

水中生態のその辺のウツボ。クリーナーシュリンプも奥にいたのだけれど、ホンソメとエビ両方クリーニングで前カットだったら可能性あったかも。

171202seitai

ブラックウォーター。なんとかトリミングほぼ無しでとったシャコ。

171202black

トリミング縛りがあるこのフォトコンでフルサイズカメラで善戦した粉王さんの作品がこちら。

マクロスーパーマクロ。緑バックのシムランス。

171203osawa1

ウミウシポートレート。

171203oawa4

フィッシュポートレート。今期初ヘアリーフロッグフィッシュでした。

171203osawa2

イカ・タコポートレート。ねぇ。ハナイカしかいなかったものね。。

171203osawa4

水中生態。ほぼ同じ構図の別の方が選ばれましたね。

171203osawa3

ブラックウォーター。

171202osawablack

今年初参戦、浮遊系大好きの浮き娘さんの作品がこちら。

マクロスーパーマクロの黄色ニシキフウライウオ。

171202ukimusumemacro

ウミウシポートレート。トリミングしまくったけど、かわいいんだもん。

171202ukimusuumiushi

フィッシュポートレートのヒラメだかカレイ。

171202ukimusumefish

イカ・タコポートレート。イケルと思った、かなりレアなタコ。結局、同じようなタコが賞をとっていました。

171202ukimusumetako

水中生態。食べられちゃってご愁傷様。

171202ukimusumeseitai

ブラックウォーター。粉王さんとかぶってました。

171202ukimusumeblack

で、授賞式の始まる午後7時までは通常のファンダイビングへ。昨日ナイトダイブまでやって、徹夜で写真を選んでいた粉王さんは、午前のダイビングはおやすみ。

アニラオの午前の海

写真を提出してしまえばスッキリで、通常営業です。ダイニングのカウンターの奥につける棚の色見本を前に悩む女子スタッフ。

171201erabu

で、7時からの授賞式。今年は初めて、キャンプネタニアでの開催となりました。完成するまでに途中何度も工事を中断して、4月の地震では2階壁が崩落した白亜の宮殿です。

以前コンプレッサーが売りに出されていたのを見にいったときにはコンクリ打ちっぱなしだった階段も、タイルが貼られてきれいに。パット見きれいなリゾートになっていました。お金かけたなぁ〜。

171201netaniya

案の定、全員収容できないフロアで授賞式開始。

171201band

ほぼ毎年パフォーマンスをしている太鼓ダンサーも参戦。今年のコスチュームは緑。

で、ヴィラマグダレナからは、ロナちゃんがコンデジクラスのウミウシポートレートで一位でした。ぱちぱち。一番なんということもない写真だと思うのは私だけではないはずですが、審査員が選ぶものですからね。

171201ronald

ロナちゃん、おめでとー。商品の一つは、日本ではFISHEYEがロゴを付けて売っているリングライト。さすがフィリピンというか、翌日きいたら、本体とバッテリーチャージャーはあったものの、バッテリーが付属していなかったと。同じライトを持っている優しい粉王さんがひとつバッテリーを恵んでくださいました。ありがとうございました。

全受賞作品は、Facebookのこちらのページに発表されています。相変わらずほぼ黒貫き。来年も参加して賞を狙うのなら、日本人が通常好んで撮影している設定とはかなり違う方法でないと駄目ですね。

171201devid

ナショナルジオグラフィックのカメラマンで今回の目玉審査員だった、デイヴィッド・デュビレさんとなぜか馴れ馴れしい写真が携帯に残っていました。写真撮ったのは覚えていますが、こんなに馴れ馴れしくくっついていたか覚えていないのはいつもの授賞式のことでした。ハイ。気をつけます。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">