第4回アニラオ水中フォトコン祭り開始

今年で4回目を迎える、フィリピン観光省主催のアニラオ水中フォトコン祭り。今日11月23日から27日で開催です。23日から26日の間にアニラオの水中で撮影した写真で審査されます。

アニラオヴィラマグダレナも、無料宿泊ダイビング券を商品として2枚提供しています。

毎年参加して、参加4回目の筆者。受付が混むのは知っているので、ヴィラマグダレナに滞在中のゲストさんで、参加希望の方々をつれて、受付があく少し前に受付会場へ。

161123conpetition

ヴィラマグダレナからは5人がエントリーしたのですが、エントリーナンバー001〜005でした。自分でエントリーを決めたロナちゃんも受付開始時刻に会場に現れて、010をGET。

参加費用は1,200ペソ(10月中にWebで申込んだ人は1,000ペソ)。1日200ペソの環境保護税込みの料金なので、4日間全日程参加する場合の賞味の参加費は400ペソ(早割200ペソ)。それで、オープニングとアワーディングパーティ飲み放題食べ放題は絶対得です。

欲しいものばかりかどうかは人によりますが、毎年おみやげもたくさんもらえます。今年はこれだけ頂きました。ニタリの柄のバッグ。Tシャツ(去年までの不気味なのからシンプルなのに変わりました。柄は大したことないけれど、シャツの質はいいです)。フィリピン航空提供の電源プラグアダプター。キーホルダー。スマホリング。荷物タグ。マスクストラップカガー。どこかのカジノの優待券。先着50人には、ウミウシ柄が不気味な、首枕。

161123miyage

フォトコンと聞くだけで、「わたしなんかとても」という奥ゆかしい日本の方は多い(今回だって全員参加すれば15人中5人の参加。写真を提出したのは3人だけ)のですが、お土産付きダイブパスを支払うのだと思うと気軽に参加できるし、もし写真で賞をとれば豪華賞品ももらえるので、エントリーするだけでもお得ですよね。来年はもっと多数のみなさんが参加できるといいなぁ。

あとになってわかったのですが、全部で150人くらいがエントリーした模様。去年が170人だったので、少し減りましたね。

と、フォトコン祭りといっておきながら、筆者は潜らずに工事現場で使う床材を探しにバワン、サンパスカル、バタンガスを放浪。10軒以上の床材屋にきいて、木の床材を扱っている店は一軒だけでした。しかもパターンはシンプル。奥さんのお許しがでないので、木の床材探しの旅はまだ終わりません。

11123woodtiles

ダイニング2階工事37日目。

161123const37

フォトコン初参加のロナちゃん。気合入っています。ボツになったヘアリーフロッグフィッシュのあくび。

ヘアリーフロッグフィッシュあくび

午後4時からのオープニングセレモニー。夕食は出ないということだったのですが、おつまみがかなり出てきました。

161123otsumami

今年は経費削減なのか、エンターテイメントは弾き語りだけ。

161123singer

バリから参加の名物ガイドベン(Ben Sarinda)さん。ヴィラマグダレナご利用のゲストさんの何人かも知っているガイド。いっときはアニラオに常駐もしていたようですが、今はバリに戻っていて、このフォトコンのためにゲストと一緒に来たらしい。

1611123guide

筆者、かなり酔っ払ってしまい、奥さんにこっぴどく叱られました。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">