第六回アニラオフォトコンペティション参加要項和訳

今年で6回目となる、フィリピン観光省とフィリピン航空共催のアニラオフォトコンペティションが今年も実施されます。2018年11月27日〜12月1日です。

2018アニラオフォトコンペティション受付中

受付も始まっています。それにわせて、要項も出ていましたので、和訳(ダウンロード版)しました。

こちらから登録できます。

http://anilaoshootout.ph

作品を出さなくても、お土産たくさんもらえますし、オープニングとクロージングではお酒飲み放題。お祭り気分も味わえますし、日本の連休とはかぶりませんが、奮ってご参加ください。

以下、概要です。

コンペティションの二つのクラス

参加者は以下の二つのクラスのうちどちらかで登録する。

1)オープンクラス:すべてのタイプのカメラによる撮影。写真集を出版したことのある水中写真家、プロの写真家は必ずこのクラスで登録しなければならない。

2)コンパクトクラス:レンズ交換のできないカメラで撮影する人のためのクラス。ミラーレスや、一眼レフなどのカメラ使用者は登録不可。

作品のカテゴリーと特別賞

それぞれのクラスは5つのカテゴリーの写真を提出できる。

1)マクロ/スーパーマクロ:小さな水中生物のクローズアップ撮影なら何でも。

2)水中生物のしぐさ:水中生物のしぐさ、例えば、面倒を見ている、繁殖行動など。

3)ウミウシ:ウミウシを主たる被写体としたもの。

4)魚ポートレート:魚の顔、全身などを撮影したもの。

5)イカ・タコ(頭足類):イカやタコを撮影したもの

DOT(観光省)-PAL(フィリピン航空)フォトグラファーオブ・ザ・イヤー(オープン/コンパクトクラスそれぞれ)

それぞれのクラスの5カテゴリーに入賞した作品の中から審査員によって選ばれた作品を撮影した撮影者に送られる。審査員の決定に文句を言わないように。

特別賞

オープニングセレモニーで発表される特別カテゴリーがある(多分ブラックウォーターと初心者賞)。

競技の手順
1)プロアマ、国内外問わず、すべてのダイバーが参加可能。

2)一人の参加者はオープンかコンパクト、いずれか一つのクラスにのみ参加可能。

3)一人の参加者は、それぞれのカテゴリーについて、1点のみ作品を提出可能。

4)それぞれの参加者には、独自の参加番号が振り分けられ、提出時の作品のファイル名にもその番号が反映される。

5)指定のファイル名の写真のみ提出可能。

6)11月27日から12月1日に撮影された写真のみ提出可能。

7)アニラオで撮影された写真のみ提出可能。

8)正しいファイル形式で提出する必要がある。

9)正しい日付の写真を提出する必要がある。

10)自然環境で撮った写真に限る。プールや水槽で撮った写真は不可。

11)観光省のスタッフ、審査員、運営ボランティアは作品を提出できない。

12)写真の著作権は撮影者に担保されるが、フィリピン観光性は宣伝のために写真を使うことができるものとする。

水中生物と環境への配慮

「水中生物を動かすこと」は厳しく禁止されている。生物を動かしたり嫌がらせをしているのが発覚した場合は、失格となる。

以下のような写真もだめ。

1)作為や破壊が見られる写真。

2)自然に存在する場所以外での写真
3)不自然な行動を示す水中生物の写真

これらの作為の有無は、審査員の判断に委ねられる。

水中での違反行為の報告について

ガイドや参加者はIDタグをタンクにつける。

水中で不正を見つけた場合は、水中で注意をするのではなく、IDと不正内容を運営部まで報告するように。

撮影後の編集について

最小限の編集だけが許される。トリミングは最小限に。ホワイトバランス、露出、明るさ、彩度、コントラストは調整してもよい。

スポットコレクション(一般的にはスポイトツールを使ったエディットのこと。ごみ取りか?要確認)、写真の合成、コピーアンドペースト、写真の補修は禁止。

注:少しのトリミングと補正は許されているが、過ぎた補正は低評価。疑いのある作品はRAWかオリジナルJPEGデータとの比較が審査員より求められることがある。

提出ファイルフォーマット

作品に提出にあたっては下記のファイルフォーマットに従い、一つのフォルダに入れること。

ファイルネームの付け方
Jpeg: CompetitorID_Class_Category_EntryNumber.jpg 
Using the following codes:
OPN – Open Class
COM – Compact Class
MAC – Macro Category
MBE – Marine Behavior Category 
NUD – Nudi Category 
FSH – Fish Portrait Category 
CEP – Cephalopods Category 
SBG – Special Beginners 
BLW – Blackwater 
参加者IDは三桁で表記。001, 015, 100など。

例えば、参加者IDが001、オープンクラスに参加が水中生物のしぐさ部門に提出する場合は: 001_OPN_MBE_01.jpg

となる。

参加者IDが002 、コンパクトクラスで魚ポートレートに提出する場合は:002_COM_FSH_01.jpg

となる。

RAWも同じファイル名の付け方に従い、別のフォルダにまとめて提出すること。

英語の原文は以下の通り。

Competition Classes
Participants may compete in either of the following Competition Classes:
1. Open Class: Open to all participants with any type of camera and accessories. Published and professional photographers are automatically placed in this category.
2. Compact Class: The Compact Class is exclusive for participants using cameras without interchangeable lenses. Mirrorless, SLR, and all similar type cameras are not allowed in the Compact Class.
Class Categories and Special Awards
Each class have five (5) categories:
1. Macro/Supermacro – Any close-up photograph of small subjects and marine life
2. Marine Behavior – Photographs that feature any display of marine behavior such as feeding, breeding, etc.
3. Nudibranch – Nudibranchs should be the main subject of the photograph.
4. Fish Portrait – Photographs that prominently feature fish. Can be a face or full body shot.
5. Cephalopod – Photographs that feature squid, octopus, cuttlefish and similar animals.

DOT – PAL Photographer of the Year (Best in Show, Compact and Open Classes)
Two pools of winning photographs from each competition class will be made. Our panel of judges will choose one photograph from each pool and its photographer will be declared DOT-PAL Photographer of the Year for that Competition Class.
Special Awards: The 2018 competition will feature surprise categories that will be disclosed at the registration/opening ceremony.
Criteria for Judging
ll entries will be judged according to the following criteria: 40% Visual and Aesthetic (Framing, Composition, etc) 30% Technical (Proper Exposure, Focus, DOF, Color, etc) 20% Originality (Style, Vision and Execution)
10% Content (Creature involved, Difficulty, Relevance) The judges’ decisions are final.
Competition Mechanics
1. The competition is open to all local and international, amateur and professional photographers.
2. Each participant can only compete in one class, either Open or Compact.
3. Each participant can submit a maximum of 5 photos, one in each category.
4. Each participant will be assigned a unique participant number to be used in naming the photos to be submitted.
5. Only photos with correct file name will be included in the judging.
6. Only photos taken on the shootout dates (Nov 27-December 1, 2018) are eligible.
7. Only photos taken in Anilao (Mabini-Tingloy) are eligible.
8. It is the sole responsibility of the participant to ensure that photos submitted has correct file format.
9. It is the sole responsibility of the participant to ensure that photos submitted has the correct date.
10. Images must be taken in Open Water. Photos taken in artificial environments such as aquariums and pools are not eligible.
11. All organizing bodies, including DOT representatives, judges, and volunteers are disqualified to join the competition.
12. Copyright in all images submitted for this competition remains with the respective entrants. However, in consideration of their providing the Competition, each entrant grants a worldwide, irrevocable, perpetual licence to the Philippine Department of Tourism to feature any or all of the submitted images for dive tourism promotional purposes.
Underwater Conduct and Marine Conservation
The competition will follow a strict ‘No Marine Life Manipulation’ policy. Any photographers found in the act or harassing, destroying or improperly handling marine life will be automatically disqualified from the competition. Mishandling and
improper behavior includes, but is not limited to:
1. Improper handling and/or destruction of marine habitats
2. Marine life photographed out of their natural habitats
3. Marine life displaying unnatural behavior
Judges reserve the right to disqualify or question any submission on any entries that bear any trace of marine life manipulation.
Reporting Untoward Behavior Underwater
Guides and participants will be issued ID tags to attach to their tanks and regulators for easy identification.
Any individuals wishing to file a complaint is requested to identify the erring participant and/or dive guide via the number on their ID tag and get in touch with the event organizers to lodge a formal complaint.
Please avoid direct confrontation, especially underwater.
Post Processing
Only minimal processing will be allowed for competition entries. Only global effects will be allowed with a minimum amount of cropping. Global effects include white balance, exposure compensation, brightness, saturation, contrast etc. Abovementioned changes may be applied from RAW to JPEG conversion via any RAW file editor.
Not allowed are: spot corrections, composite images, and cutting, cloning or healing any part of the image..
Please keep in mind that while some processing and cropping is allowed, excessive processing is generally looked down upon. Judges may request for accompanying RAW or original JPEG files for any questionable images.
File Format and Specification
Submissions must follow the file name format and placed in a single folder.
Filename convention
Jpeg: CompetitorID_Class_Category_EntryNumber.jpg
Using the following codes:
OPN – Open Class
COM – Compact Class
MAC – Macro Category
MBE – Marine Behavior Category NUD – Nudi Category
FSH – Fish Portrait Category CEP – Cephalopods Category SBG – Special Beginners BLW – Blackwater
Participant numbers must be in 3 digits (001, 015, 100, etc).
For example, participant number 001 in open class, submitting marine behavior entry: 001_OPN_MBE_01.jpg
While participant number 002 in compact class, submitting fish portrait category: 002_COM_FSH_01.jpg
RAW files must also be submitted following the same file name format, placed in a different folder.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">