マラパスクア  カランガマンアイランド(calanggaman isllet)

 カランガマンアイランド(calanggaman isllet)


 なかなか名前が覚えられなかったこの島、5回目のマラパスクア訪問ではじめて行きました。本島から1時間半から2時間。ガトーアイランドまで50分くらいなので、かなり遠い感があります。今回は波がなかったので1時間30分。

 すでにサマール島の管轄で、アイランドではなくて、イスレット。マラパスクアをさらに小さくした、白砂のビーチの奇麗な小島です。

 上陸して持参したお弁当か、リゾートで事前に注文する400ペソのバーベキューを焼いて食べさせてもらう。ダイビング費用に加えて遠征料金900ペソ追加されます。

 島の東北東にあるヌネズショール(Nunez Shoal)という根で1本、島での昼食を挟んでカランガマン島の東側のドロップで2本目のダイビングを行いました。

どちらもドロップオフ。下の方は暗闇です。透視度20メートル+。

 海の中は今回行った中では透視度良好。ドロップオフ脇のウォールダイビングで、他のエリアでは見られない、ウォールのえぐれたところで、フチドリハナダイやミナミハタなど。

ピンぼけのフリドリハナダイ。アニラオだったらバフラのウォールに群れています。

緑と黄色の奇麗なミナミハタ。

ホシゴンベ多数。成魚も幼魚も。写真はとらなかったけれど、デニスピグミーシーホースもウリの一つでした。

ホシゴンベ幼魚と。

成魚。

幼魚の方がきれい子ちゃんです。

マラパスクア関連記事
モナドショールのニタリ攻略
ニタリのち低気圧
あーニタリグルグル
マラパスクアのマクロ事情
マラパスクア クラゲ事情
マラパスクア リゾートの食事攻略
マラパスクア 続リゾートの食事攻略
マラパスクア ニタリとマンタのサンドウィッチ
続続マラパスクアの食事事情
マラパスクア  ニタリ攻略 モナドショールのオフィシャルスケジュール
マラパスクア遠征 キモドショールとオニヒトデ
マラパスクア  モナドショール新ポイント
マラパスクア  カランガマンアイランド(calanggaman isllet)
マラパスクアで見ておきたいニタリ以外の生き物
マラパスクア 意識と値段が高くなったパックランチ
マラパスクア Day Day Tシャツ屋移転
マラパスクア島内の両替
マラパスクア エキゾチックの食事2012年2月

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。よろしかったらクリックお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">