マラパスクア 意識と値段が高くなったパックランチ

  ガトーアイランドなど、遠出をするときには、午前9時ごろボート出港、1本目のダイビングのあと、昼食をボートか島の上でとって2本目を潜ります。

 前日に予約をした段階で、ダイブショップの担当からパックランチはどうするかときかれて、以前まではレストランのメニューの中から好きなものを注文し、それが使い捨てのスチロールの入れ物に入れられて用意されていました。

 今回からは、この再利用可能な丈夫なパックに入れ物が変更。ゴミ収集車のこないマラパスクア島、毎回燃やすのも良くないとおもったのか、環境に配慮されたリユースです。

 高くなったのは環境への配慮だけではなくて、値段も上がりました。ダイビングランチパックということで、一律250ペソ。メニューも10種類くらいの中から選択に。単品だと180ペソくらいの上海フライドライスとかナシゴレンが250ペソ。フルーツがつくと入っても、80ペソ分もフルーツつかないし。。。 商売上手が増しているエキゾチックでした。

 2日目の遠征は、持っていったカップラーメン。お湯とフォークをちゃんといっておけば、用意してくれました。しかもお湯はやかんで沸かしていれたてのもの。コーヒー用に積んであるポットので作ろうと思っていたところにはうれしいサービスでした。取っ手なくなっていて持つのが難しいやかんで注いでくれました。

 このカレーヌードルはマニラで仕入れてきたものだけれど、村のサリサリでカップ麺買ってお湯入れてもらうのも試してみてもいいかも。ゴミが出るのがちょい気になるけど。

マラパスクア関連記事
モナドショールのニタリ攻略
ニタリのち低気圧
あーニタリグルグル
マラパスクアのマクロ事情
マラパスクア クラゲ事情
マラパスクア リゾートの食事攻略
マラパスクア 続リゾートの食事攻略
マラパスクア ニタリとマンタのサンドウィッチ
続続マラパスクアの食事事情
マラパスクア  ニタリ攻略 モナドショールのオフィシャルスケジュール
マラパスクア遠征 キモドショールとオニヒトデ
マラパスクア  モナドショール新ポイント
マラパスクア  カランガマンアイランド(calanggaman isllet)
マラパスクアで見ておきたいニタリ以外の生き物
マラパスクア 意識と値段が高くなったパックランチ
マラパスクア Day Day Tシャツ屋移転
マラパスクア島内の両替
マラパスクア エキゾチックの食事2012年2月


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">