ディープなフィリピン料理ビストロパマナ

波々のアニラオです。ボートが舳先をぶつけて折れたの図。マービン笑顔すぎ。

アニラオの午前の海

グマメラ1の階段に手すりつけました。

180817tesuri

ブーゲンビリア2の拡張工事。壁作り途中。

180817wall

冷えなくなっていたエアコンの原因は、やはりフロン不足。抜け出た分はオゾン層の破壊に向かったはず。フロンを使ったエアコン、日本では禁止されたはずですが、フィリピンでは現役です。地球環境のためには使わないのがいいのだろうけれど、フロンを使っていないエアコンってフィリピンで手に入るのだろうか。今度家電屋さんで聞いてみよう。

180817flion

気になっていたマカティのペレア通りのレストラン訪問。Pamana restrantグループの、Bistro Pamana(http://www.pamanarestaurant.com)。

伝統的なフィリピン料理が美味しくいただけます。グリーンベルトのFely J’s Kitchenなども美味しいですが、こちらのほうが少し値段抑えめ。

Crispy Pusit in Squid Ink。ヴィラマグダレナでもたまに出されるイカスミ衣のイカフライ。こちらのほうがカリカリ。きっとコーンスターチ多めの衣なんだろうな。

180817calamari

Pinaputok ng Manok。ほぼほぼチキンバーベキュー。これはハーフ。付け合せのグレービーソースがお上品な味。

180817chiken

Chicken Binakol。ココナッツジュースを使ったチキンスープ。初めて食べた。ほんのり甘いのが本当にココナッツジュースを使っている証。

180817soup

Tinuktok。エビとココナッツの果肉がタロイモの葉に包まれてココナッツミルク煮込みになったもの。奥さん曰く、以前住んでいたココナッツの産地のケソンプロビンスで家庭で作られたのは食べたことはあっても、レストランで提供しているのは初めてとのこと。

180817coconuts

普通のフィリピン料理屋では揃えていないディープなフィリピン料理が多いです。味も美味しくて、おすすめです。

タガイタイやボラカイ島などの観光地にもありますが、歩いていけるマカティのオフィス街の一角にあるのは嬉しいです。また行って他のメニューにも挑戦せねば。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">