アニラオ コンビクトブレーニーの親と会うなら忍耐が必要

今日も好天に恵まれたアニラオ。ボートは、バフラ、ダリラウト、カテドラルへ。

バフラ、ダリラウトともに透視度良好でした。

ダリラウトでは、ニシキテグリのいる辺りの手前に、コンビクトブレーニーの巣があります。前回から気づいていたのですが、まだあったので、今回はちょっとじっくり観察。親が顔を出すかと期待してしばらく待つと、唐突に出てきました。しかも、口に含んだ砂をものすごい勢いで吐き出しました。

「おおおーー」と叫んでしまい、彼も驚いたようで、引っ込んでしまい。。。

その後ずっと待っていましたが、出てこず。動画で撮ろうとコンデジを構えていたのですが、震えで画面が揺れだしたので、断念。

コンビクトブレーニーの親に会うには忍耐も必要ですが、出てきたときに驚かない強い心も大事だとわかりました。

フロントのカクレクマノミは、ひとつのイソギンチャクにつつく個体が2個体ついてて、魚魚目(虫の目)レンズで二匹同時撮りをしたい気持ちに駆られます。でも、むずかしいですね。

最近は寄るだけでなくて、全体のバランスについても考えるようになりました。

 

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。よろしかったらクリックお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">