らしくないクリスマス

朝からメリークリスマスと挨拶が飛び交うアニラオです。ダイニングエリアのBGMもクリスマスソング。水温26度。

171225text

でも、何か例年のような「しっくりさ」がないような。忙しくて、キリストの誕生とクリスマスを心的に結びつける作業をする暇がなかったからかなぁ。

とりあえずブログ書く作業を通じて聖書を読んでみよう。

1:18
さて、イエス・キリストの由来はこうであった.彼の母マリヤは、ヨセフと婚約していたが、彼らが一緒になる前に、聖霊から身ごもっていることが見いだされた。

1:19
彼女の夫ヨセフは義しい人であって、彼女を公に辱めることはしたくなかったので、ひそかに彼女を去らせようとした。

1:20
彼がこれらのことを思い巡らしていると、見よ、主の御使いが夢の中で彼に現れて言った、「ダビデの子、ヨセフよ、マリヤをあなたの妻にすることを恐れてはなりません.彼女の中に生まれたのは、聖霊からです。

1:21
彼女は男の子を産みます.あなたは彼の名をイエスと呼びなさい.彼は自分の民を、彼らの2罪から救うからです」。

1:22
さて、このすべてのことが起こったのは、主が1預言者を通して語られたことが、成就するためである.それはこう言っている、
1:23
「見よ、処女が身ごもって1男の子を産む.人々は彼の名をインマヌエルと呼ぶ」(インマヌエルは、神われらと共にいますと訳される)。

1:24
ヨセフは眠りから覚めて、主の御使いが命じたとおりに行ない、彼の妻を迎え入れた。

1:25
ヨセフは、彼女が男の子を1産むまで、彼女を知らなかった。そして彼の名をイエスと呼んだ。

2:1
さて、ヘロデ王の日に、イエスがユダヤの1ベツレヘムで生まれた後、見よ、星占い師たちが東からエルサレムに着いて、
2:2
言った、「ユダヤ人の1王として生まれた方はどこにおられますか? わたしたちは彼の星が昇るのを見たので、彼を礼拝しに来ました」。

2:3
ヘロデ王はこれを聞くと当惑し、エルサレム全体も彼と共に当惑した。

2:4
そこで彼は民の祭司長、聖書学者をみな集めて、キリストはどこで生まれることになっているかと尋ねた。

2:5
すると彼らは彼に言った、「ユダヤのベツレヘムです.それは、預言者によってそう書かれているからです.
2:6
『ユダの地、ベツレヘムよ、あなたはユダの君主たちの間で、決して一番小さい者ではない.なぜなら、あなたから一人の支配者が出て、わたしの民イスラエルを牧するからである』」。

2:7
そこで、ヘロデはひそかに星占い師たちを呼び、その星が現れた時を、正確に突き止めた。

2:8
そして彼らをベツレヘムに遣わして言った、「行って、その子供についてつぶさに捜しなさい。そして彼を見つけたなら、わたしに報告しなさい.わたしも行って、彼を礼拝しよう」。

2:9
彼らは王の言うことを聞いて、道を行った.すると 見よ、彼らが昇るのを見たあの星が彼らを導き、その子供がいる所に来て、その上にとどまった。

2:10
彼らはその星を見た時、大いに喜び歓喜した。

2:11
そしてその1家に入り、その子供と彼の母マリヤを見た。彼らはひれ伏して、彼を礼拝した.そして宝の箱を開けて、彼に金、乳香、没薬を贈り物としてささげた。

2:12
彼らは夢の中で、ヘロデの所に1戻らないようにと、神からの指示を受けたので、別の道を通って自分たちの国へ旅立った。

2:13
さて彼らが旅立った時、見よ、主の御使いが夢の中でヨセフに現れて言った、「立って、その子供と彼の母を連れて、エジプトへ逃げなさい.そしてわたしがあなたに告げるまで、そこにとどまっていなさい.ヘロデがその子供を尋ねて、滅ぼそうとしているからです」。

2:14
そこで彼は立って、夜中にその子供と彼の母を連れてエジプトへ旅立ち、
2:15
ヘロデが死ぬまでそこにいた.それは、主が預言者を通して語られたことが成就するためである.それはこう言っている、「わたしはエジプトから、わたしの子を呼び出した」。

2:16
やがてヘロデは、星占い師たちに愚ろうされたと知って、大いに激怒し、人を遣わした.彼は星占い師たちから詳しく調べておいた時から割り出して、ベツレヘムとその付近にいた二歳以下の男の子をすべて1殺した。

2:17
その時、預言者エレミヤによって語られたことが成就した.それはこう言っている、
2:18
「ラマで声が聞こえた.泣き声と大いなる哀歌が.ラケルが自分の子供たちのために泣いている.もはや子供がいないので、彼女は慰められようとしなかった」。

オチのないブログでした。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">