立派になったオデンハウス

朝からマーケティングでカルティマール市場へ。スタッフが足りないので、久しぶりに奥さんと2人で行きました。

180830marketign

奥さんが肉と魚担当、私は野菜とフルーツ担当で二手に分かれて買い出し。

途中、表通りに面した果物屋さんの脇で、女性の物乞いとガードマンの揉め事が。女性がハサミを持ってガードマンに切りかかっています。3人のガードマンのうち、絡まれているガードマンが腰の拳銃に手を伸ばす。

流れ弾に当たるのは嫌なので、店の奥の方へ避難しつつ様子を見ていると、なんとか発泡はせずに騒ぎは収まりました。

あとで奥さんにこのことを話すと、奥さんも近くで目撃していたと。というか、奥さんが発端であることが判明。カルティマール付近での物乞い行為は禁止されているのですが、この女性は物乞いをしていて、かつ買い物客の腕にまで触っておねだりでした。奥さんも腕に触れられて物乞われたのですが、無視していると、ガードマンが注意にはいり、その後どちらが悪いかわからないけれど、突き飛ばされた女性が足を擦りむき、結果ハサミでガードマンに襲いかかる流れになったのだとか。

今まで何度も行っているカルティマールですが、こういう騒動は初めてでした。駐在員の奥さんも使う市場なので、安全な場所であってほしいものです。

遅い朝食をオデンハウスで。旧カルティマール市場の一角にあったのが、新カルティマールの隣にできたビルの2階に移っていました。まえと同じく、日本人のおじさんが経営していますが、スタッフの数が増えた模様。

180830odenya

豚骨醤油ラーメンいただきました。素材が生きた、優しい味。

180830ramen

アニラオの海況は、ベタ凪に近いもの。水温29度。

アニラオの午前の海

マカティのマンションの駐車場でエレベーターを待っていて、後ろを振り返ると、足。メンテナンス中だったみたいですが、驚きました。

180830elevator

買い物を終えてアニラオへ。夕日の時間になんとか間に合いました。グッドサンセット。

海と夕やけ


50ペソ徴収市長と会議

パーティあけのアニラオです。昨晩は片付けが終わったのは0時でしたが、朝から通常運転。スタッフがんばります。

ボートを見送ってから、私は9時から町役場のミーティングへ。

8月15日ごろから徴収の始まった、非難轟々の町以外から来たすべての通行人から50ペソ徴収の環境税条例について、市長を交えての意見交換会です。

180829mayor

先のリゾートオーナーズミーティングで、弁護士に請願書を用意させるという話は、とりあえずこのミーティングに出てからという話になったそう。

マビニ(アニラオのある町の名前)の役人の言い訳で始まりました。

マビニでは、100年間ゴミ問題をほっぽりっぱなし。隣町のバワンに投棄所を借りているが大きな金額。財源がないので仕方がないという。

が、市政の怠慢のつけを旅行者に支払わせるのは間違っているのは言うまでもないことですよね。

「他の町、サンフアンやナスブなど、条例の制定が遅れているのを見ると、手続きが正当でなくても作ってしまうのがいいと思った。ベイビーのような条例。みんなに助けてほしい」というが、中途半端な条例を通すこと自体間違っていますよね。

役人やら、市長の弁護士妻が熱弁を奮って説明しますが、根本的に問題がずれている議論が2時間くらい続きました。

会議中に発言されたことで、実効性が本当にあるかはわからないけれど、通過するにあたって役立つ発言は以下の通り。

・アニュアルダイブパスパスもちは除外とする。
・ツーリストでなければ除外。「ツーリスト」がキーワード。「ツーリスト」かと聞かれたら違うと言え。←これは市長の妻である弁護士の発言
・除外とする車にシリアル番号入りステッカーを配布する計画がある。

リゾートオーナーアソシエーションでは、弁護士と相談してアクションをしていくということだけれど、会場で市長と握手しているようじゃ、あまり期待できないなぁ。

帰ってきて、若者のオープンウォータートレーニング。

マニラオープンウォーターダイバートレーニング

夕日はまぁまぁですが、この時期全く赤みが見られないことを考えると、まぁよいのかも。

海と夕日


サクセスフルパーリー

今日の朝ごはんからHIのヒーターを試験的に導入してみました。

180828ih

温かいものは暖かく、冷たいものは冷たく提供したいということで、温料理はアルコールを含ませたコットンの火で温めていたのですが、ものすごい量を毎週消費するので、代案としてのHIです。

使ってみて直後の直感、「warmでも強すぎないかこれ?」、ダメそうな感じがします。orz

ほぼベタ凪の海況。日本大学ボランティアサークル、サラマットAさんが来られるときは、天気が悪いのが常なのですが、雨季としては再考の天気と海況です。今年はツイているー。

アニラオの午前の海

夜はパーティー。この時期のパーティの趣旨は、「フィリピンの貧しい漁村に支援と文化交流に来た日本の学生に、支援地域では経験できないフィリピンの文化を紹介したい」です。

マグダレナで提供できそうなのは、「バンド演奏を楽しむ」と「ダンスで楽しむ」です。今年は、さらに、「支援の輪が広が」ればいいなぁとも密かに思っていました。

日本大学文理学部の学生が中心になって活動しているボランティアサークル、サラマットAは今年でフィリピンのカビテ州の漁村を支援して12年。2017年度は40人の学生に奨学金を出して支援しています。支援の財源は、学生が学生などで販売するフィリピングッズ、料理、寄付など。

まずは食事。腹が減っては踊られぬ。マービンの好物のエビ山盛りとか。

180828ebi

フィリピンのパーティでは定番の卵料理。

180828tamago

奥さんのアイディアが光る、コストを抑えた、ハムプラター。

180828ham

イカ墨衣のイカフリッターなど。もちろん定番の村のアイスクリームも食べ放題。

180828karamari

お腹が満たされたら、バンドスタート。いつものギタリスト、いい感じですが、今回はボーカルがへ。た。セクシー衣装で踊りはうまいので、本職はダンサーなのでは?

11月のパーティは前のボーカル(いまは学校の先生で色々忙しいらしい)に戻してもらうべく、強くリクエストしました。

180828band

オカマのダンスインストラクターのマルゴ女史。今回は4人もアシスタント(もちろん全員オカマ♡)をつれてタイトスカートのワンピースで現場入り。楽屋をこしらえて、女性スタッフのメークが時間かかりすぎ。アイロンで髪縦巻きのオプションまで。みんなでベルサイユのばらみたいに。

180828gakuya

男も化粧せい、と言われて、死化粧メイクになったマービン。練習してきた、スタッフのパフォーマンスの様子は、末のビデオを御覧ください。年末よりはいけているはず。

180828otokomake

歌って踊る。

180828light

ほぼ準備無しで突然始まった、インストラクターマルゴと愉快な仲間たちのダンス。さすがオカマ。動きが違います。素晴らしい。次回は彼女らをパフォーマーとして呼びたいくらいまであります。

180828okamadancer

パーティと言えば参加の猫の旦那さん。記録係のウェイトが大きい今晩でしたが、最後はしっかりバンドに参入してシャウトしていました。

180828kobapi

パーティではサラマットAの皆さんのパフォーマンスもあり。パーティ後に2018年の奨学金を支援してくれる篤志家2人も現れて、パーティの夜は終わりました。

パーティパフォーマンスダイジェスト映像はこちら↑。冒頭の挨拶長いので飛ばしてください。汗


獺祭島耕作

良い海況のアニラオです。水温29度。

アニラオの午前の海

体験ダイビングもハウスリーフで。雨季でこの海況は奇跡的な良さです。体験ダイバーさんラッキー。透明度も良好。

マニラ体験ダイビング

セミが大人になろうとしていました。なんだかんだ、自然を感じるアニラオライフです。

アニラオセミ脱皮

毎年恒例、日本大学のボランティアサークル、サラマットAさんのスタディツアーの学生さんたちが到着しました。数えてみたら、今年で11年目のお付き合い。

180827hanseikai

夜はスタディツアーの反省会の時間。今年は母がスタディツアーに参加していて、参加者の中ではトリで喋っていました(年齢順の発表でしたから)。心と体に汗をかく活動、NGO時代を思い出しましたね。

アニラオ獺祭島耕作

アヤパパさんから、獺祭島耕作バージョンをいただきました。売上の一部が中部豪雨の復興に寄付されるというやつ、美味しくいただかせていただきます。ありがとうございました。

180827moon

夜見上げれば、そこには大きな月が。月餅のシーズンって今だったかしら。


マガンダンバタフライ

海は荒れ気味ですがフロントからボート出発のアニラオです。水温29度。

アニラオの午前の海

植木に水をまいた水たまりにやってきた蝶。なかなか寄れないのですが、奥さんがいいショットをとりました。名前はアオスソビキアゲハらしいです。

アニラオの蝶

パーティ用ダンス公式レッスン最終日。

180826dance

午後、女子スタッフの衣装あわせで3羽の蝶が洗面所に舞い降りました。うれし恥ずかし。

180826ishouawase

しかしこのあと、左のスタッフの旦那が自宅で倒れるハプニング発生。ダンサー一人欠員の危機。どうなる、パーティ。