出張EFR

朝起きて空を見上げると、月。

180531moon

なぜ早起きかというと、とある自動車製造会社の救急救命法のレクチャーを仰せつかり、朝8時の講習開始に間に合わせるためです。アニラオ予定出発時刻午前5時。参加者は私、インストラクターのロミー、アシスタントのマービンの3人。

普段は短パンサンダル履きのロミーに、「ちゃんとした会社への訪問だから、靴履いてくるんだよ」と念を押したところ、リゾートに現れたのは5時25分。遅刻じゃん。かつ、靴と靴下は履いてたけれど、短パン。。。

どうしても短パンで通したいロミーとしばし押し問答があり、朝シャワー中だったコックの男性スタッフから長ズボンを借りたところ、「家に一本長ズボンがあったはずだから、寄っていってくれ」という譲歩を引き出しました。

ロミー宅に寄って、そこで更に時間ロス。履いてきたジーパンは、15年ぶり2回目の一張羅でした。

朝食は無理かと思いましたが、思いの外早くついて、ジョリビーで朝食。

で、無事講習開始。

180531EFR

心肺蘇生のあとの二次ケア。先週買ったおむつが活躍しています。

1805312ndcar

痛いふりし過ぎの某ダイブマスター。

180531itai

ご参加、ありがとうございました。

180531grouppict

敷地内の道路を横断するときは、右見て、左見て、前見てよし。マービンは気に入った模様。

180531ayos


よく焼けた

穏やかな海の平日のアニラオです。

アニラオの早朝の海

本当は5月5日のブログに適している、鯉のぼり風のコロダイの団体。ここ最近子供の魚が多いです。浮遊系やっても多分楽しいはず。

コロダイ鯉のぼり風

いつになく赤い夕焼け。ナイスでした。

海と夕やけ
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いいたします。


引き戸

平日のんびりのアニラオです。水温28〜29度。

アニラオの午前の海

客室サンパギータ(旧ガーデン2)のドアを引き戸に変更作業。ついでにトイレのつまりも。パイプが細いのかと思っていたら、4インチの太いのが入っていたのですが、前のオーナーが便器を取り付けさせたときの工事で出たらしい、目地の塊が詰まりの原因でした。これで大丈夫なはず。

180529sliding

ベランダからの視界を塞ぐダイニング横のタリサイの木のトリミング。お手製高枝切りノコでギコギコ。葉っぱを合わせて作れられていた、ハキリアリの巣もこのときに除去。

180529cut

コンプレッサーのオイルフィルターの蓋のOリングがなかなかなかったのを、見つけて購入。

180529oring

チャツボボヤとクサビライシを枕に熟睡のブダイさん。睡眠負債は良くないというので、普段より寝る時間をちゃんと確保しようと最近思っています。

ナイトダイブのブダイ
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いいたします。


フィロデスミウム・ヤコブセンアエ

今日もいい天気のアニラオです。水温28〜29度。月曜日の男子のユニフォームの色はえんじ色。

アニオの午前の海

似たようなのが多いウミウシですが、こちらは、フィロデスミウム・ヤコブセンアエ。人名のあとはイかなと思っていたのですが、これはアエー。

フィロデスミウム・ヤコブセンアエ

ちなみに、バタンガスなまりのタガログ語はなにかと語尾にアレーがつきます。

今日も赤い夕日でした。

海と夕日
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いいたします。


探検マグダレナの沖の根

海日和のアニラオです。水温28〜29度。

アニラオの午前の海

ボートの出たあとのハウスリーフでは、オープンウォーターダイバートレーニング。

マニラオープンウォーターダイバートレーニング

ヴィラマグダレナの海に向かって左の沖に根があるらしいというので、常連さんと探しに行ってみました。タンク3本もちのまるすさん。足りなくなったら空気くださいね。

アニラオサイドマウント

かなり沖目でエントリー。水深17メートル付近から沖に向かって泳いで探します。少し流れあり。

23m位から根というか、ウォールがありました。かなりの数のキンギョハナダイがいます。コロダイなどのスイートリップ系も多数。

アニラオキンギョハナダイ

ウォールの下で30mくらい。

アニラオキンギョハナダイ

上がってくる途中、かなり傾斜のゆるい海底に沿って陸の方向へ移動することに。エア持ちの悪い人だとエア切れコースです。途中、90センチ程度の細長い魚の群れに遭遇。多分200匹ぐらいの高速横断。

動画はこちら。

動画からのキャプチャー画像がこちら。

180527bangos

ガイド曰く、フィリピンで養殖魚としてよく売られている、バゴス(和名サバヒー)の野生のものだといいます。何度か遭遇して同じ説明を受けるたびに本当かと思って、かといって、リファレンスがなくて真相がわからない魚です。

バゴス サバヒー

市場で売られている養殖バゴスはこういう太った感じ。海の中で会うものは、しっぽの形と色は共通ですが、もっと大型で頭が小さい印象です。結局なんだろう。

サンゴもきれいで面白いポイントでしたが、エントリーポイントが深いのと、エア持ちの悪い人には向かない意味では少しダイバーを選ぶポイントです。マニラでダイビングを始めたゲストさんの腕試しポイントにはいいかも。