久しぶりのイーグルポイント

アニラオフォトコン明けで日常が戻ってきたアニラオです。水温27〜28度。

アニラオの午前の海

ダイブマスタートレーニング、ほぼ終了のヒラクン。最後までとっておいた、嫌な種目、400メートル水泳、終了。よく頑張った。

151130400mswim

久しぶりにイーグルポイントへ。たまに潜ると新鮮です。

ヒレグロベラさんとか。

ヒレグロベラ

キイッポンウミウシさんとか。

キイッポンウミウシ

キイロウミウシ。

キイロウミウシ

イソハゼの仲間。アオイソハゼの赤いのかな?
イソハゼの仲間

シャイなシマヤッコさん。

シマヤッコ

アニラオでは珍しい、ニセフウライチョウチョウウオ。

ニセフウライチョウチョウウオ

クリノイドクリングフィッシュさん。

クリノイドクリングフィッシュ

いろいろな生き物に出会えた1ダイブでした。

レイシガイダマシ、139個捕獲。まだまだたくさんいました。取りきれない。

レイシガイダマシ
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いします。


第3回アニラオフォトコンペティションフェスティバル終了

第3回アニラオフォトコンペティションフェスティバル終了

今年も黒ヌキ絶対優位でした

朝から大きく引き潮のアニラオです。水温まだ28度。

アニラオの午前の海

ファンダイバーのボートだ出た後は、ハウスリーフで家族で体験ダイビング。

マニラ家族で体験ダイビング

アニラオフォトコンは今日の朝9時までに作品提出で、日中審査。夕方から閉会式と授賞式でした。

去年までのとはメンバーが違いますが、今年もファイヤーダンス。

ファイヤーダンス

景品提供のINONさんから国際事業部の方がスピーチ。宴会場のオジサンみたいなひょうきんな方でした。会場の笑いもとってグー。

151129inon

受賞の方はというと、こちらがオープンクラスの受賞作品。

こちらがコンデジクラス

特徴は
1. 去年までの傾向と同じ、黒ヌキが強い。
2. 被写体は動かないモノにして作りこむタイプの作品が強い。
3. 2のような被写体のを撮っているせいか、イチデジとコンデジの絵に差があまりない。
4. 中国人受賞者がかなり増えた。
5. 現地ガイドの受賞も多い。←来年は別部門に切り分けたほうが良いと思う。

3年連続の受賞はなりませんでしたが、今回出した作品はこちら。

マクロ部門のリボンリーフゴビーさん。

リボンリーフゴビー

ウミウシポートレート。

ウミウシポートレート

エビ・カニポートレート。観光省が広告にも使うといっていたので、使いやすいのを選んだけど、審査員はその後の使い方まで考えずに受賞作を選んでいることがよくわかりました。来年は変な気遣いはやめにします。

コールマンシュリンプ

生態部門の、子守ワレカラさん。

子持ちのワレカラ

かれこれ4年前のカメラですが、来年もこのカメラで参加かなぁ。

運営に関わった皆さん、参加された皆さん、お疲れ様でした。また来年のお祭りで会いましょう。

にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いします。


フィリピン観光省の取材

笑顔で英語のインタビュー

ボート出発前。スタッフが工夫してグループごとに準備してくれていて、すっきり。

151128prepare

引き潮の中、ボート出発。アニラオフォトコン撮影日最終日です。水温28度。

アニラオの午前の海

フォトコンボツ写真。いっぱい出ているコールマンシュリンプ。浅くて、水深6メートル位からいます。

アニラオのコールマンシュリンプ

トトメレンズで撮ったミジンベニハゼさん。

ミジンベニハゼトトメレンズ撮影

緑の園のカニペア。

イソギンチャクとカニ

昼ごろ、フィリピン観光省の撮影クルーがやってきて、アニラオの海に関するインタビューをうけました。英語の苦手なヒラクンも、最初は嫌だと無理だとかいってましたが、笑顔で答えてました。やればできる、イエスユーキャン。

151128interview

ハウスリーフでは、ビューティーアンドビースト的体験ダイビング。ウミガメと出会えてラッキーでした。

マニラ体験ダイビング

監視カメラの交換作業、まだやってます。

151128cctv

ナイトダイビング前の夕日。

フィリピンの夕日
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いします。


日本人審査員吉野雄輔さん

世界で一番美しい海の生きもの図鑑他多数の本の著者です

昨日までとはうってかわって、曇り気味のアニラオです。ちょい肌寒い。水温28度。

アニラオの午前の海

アニラオフォトコンフェスティバル、撮影日2日目です。参加のダイバーさんたち、今日も頑張りましょ〜。

アニラオのスクーバダイバー

リュウグウベラギンポのコロニーがありました。イチデジだったら、作品になるかな。コンデジだと証拠写真止まり。

リュウグウベラギンポ

イマキュレートゴビー(Immaculate goby)かな? アニラオでは珍しいです。

Immaculate goby

ボツ写真、ナマコの肛門に陣取るウミウシカクレエビさん。

ウミウシカクレエビ

いちごみるく味っぽいミノウミウシさん。

ウミウシ

曇ってても、夕日は見られました。

フィリピンの夕日

夜は、フォトコン審査員として来比している、吉野雄輔さんのプレゼンテーションにゲスト有志で行ってきました。ちょっとだけ通訳のお手伝いをして、ダイニングにおいてある、彼の最新著作『世界で一番美しい海の生き物図鑑』にもサインしていただきました。

151127presentation

プレゼンテーションが終わると、中国人ダイバーに囲まれて、どこで『世界で一番美しい海の生き物図鑑』が買えるのかの質問攻めに。いい写真本は言語が違っても伝わるものですね。会場に持ってきていれば絶対たくさん売れたのに、流石に一冊1.5キロの本は持ってこれずで残念でした。

吉野さん、プレゼンテーションお疲れ様でした。29日の審査頑張ってください。


水中写真って大変

作品撮るのには気力がいります

アニラオフォトコンペティションフェスティバル撮影日1日目です。参加ダイバーさんたち、頑張っていきましょ〜。水温28度。

アニラオのダイバー

普段はブログ用の証拠写真ばかりで、こういったコンペティション向けの気合の入った水中写真は久しぶり。1ダイブで1枚か2枚しか撮れません。集中力を維持するのも大変で、水中写真家の皆さんの努力と苦労には頭がさがる思いがしました。

今日撮ったボツ写真たち。見返り美人風ワレカラのお母さん。

子持ちのワレカラ

ウミウシポートレートのカンナツノザヤウミウシ。

ウミウシポートレートカンナツノザヤウミウシ

手前のゴミが残念な4連トウアカクマノミ。

4連トウアカクマノミ

追加の防犯カメラ取り付け工事。

151126cctv

みんなに人気のアニラオの夕日。

フィリピンの夕日
にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
よろしかったらクリックお願いします。