アニラオ 今度こそキンチャクガニ

今日もよい天気のアニラオです。

ボートは、ソンブレロ、コアラ、バフラカントへ。

バフラカントはほどよい流れで、北のコーナーのオオウミウチワまで水深30メートル付近をドリフトで流してきました。なかなか最近通らないコースなので新鮮ですね。途中、イソマグロとバラクーダ。北西のコーナーは相変わらずのスナッパー天国でした。

水面休息時間中は、結局誰も証拠写真をおさえてくれなかったキンチャクガニの写真を撮りにいきました。

kinchaku
デマじゃなくて、ちゃんといました。ウェイト重めじゃないと写真撮るのつらいです。

ソンブレロでは、アカホシハナゴイ。ウォールサイドの岩のくぼみに群を作っています。綺麗ですから、ぜひ見に行ってあげてください。
akahoshi

リュウグウ系だと思いますが、こんなウミウシも。
umiushi

シャイなオドリハゼですが、今日は少しがんばって引っ込むのを遅くしてくれました。
odori


アニラオ プエルトガレラ遠征

穏やかな海のアニラオです。水温は29度。

今日は久しぶりにプエルトガレラにもボートを出しました。ボート出航は午前6時です。

boat
ボートの1台が一本目に潜ったサバンレックは、本来ホタテツノハゼが多いポイントなのですが、エントリーした7時30分では、どれも寝ていて出ていませんでした。パシフィコアズールリゾートフロントのホタテツノハゼも7時台はいつも寝てましたね。そういえば。

かわりにいたのが、ヒレナガネジリンボウ。キュートに撮れました。写真提供あらださん。ありがとうございました。
hirenaga

プエルトガレラといえば、レックかキャニオンかといったところ。レックポイントはアニラオよりレックらしいレックポイントです。

wreck

こんなど派手なオオモンカエルアンコウさんもいました。
kaeruanko
写真提供根無権さん。

かなり流れていたキャニオンでは、いつものようにロウニンアジ。写真提供あらださん。ありがとうございました。
gt


アニラオ モエギハゼ

今日もフロントからボートの出せたアニラオです。ボートはツインロックス、アートス、イーグルポイント、カテドラル、キルビス、ダリラウトへ。

キルビスではモエギハゼの一種が。ちょっと深いですが、狙っていってきっちり撮って帰ってきていました。

ツインロックスのギンガメアジは今日もダイバーを迎えてくれました。

カテドラルでは、ブルースポッテッドリーフスティングレイ。埋まって眠ろうとしているのですが、巻き上がる砂の中にいる虫を食べようと周りにヒメジとかベラとか集まってきてます。こちらに気づいて逃げていきましたが、ベラとかに「次のポイントの砂巻き上げろ」とかいって起こされたりの日常なんでしょうか?
ei

キルビスでは、いつもいるクダゴンベ。写真提供あらださん。ありがとうございました。
kuda

ダリラウトのニシキテグリ。左にあるのはオニヒトデ。去年の春はたくさん駆逐しましたが、ダリラウトの環境はオニヒトデには心地いいんでしょうかね。
nishiki
こちらも写真提供あらださんです。

夕方前になってフロントに波が高くなってきました。明日はプエルトガレラにボートを出す予定ですが、天気はもってくれるでしょうか?


アニラオ ゴマモンガラに注意

まだフロントに波は残っているものの、フロントからボートが出たアニラオです。天気は晴れのち曇り。水温は30度です。

今日のボートは、ツインロックス、カテドラル、カバンコーブ、ダリラウトへ。

ツインロックスでは、双子岩手前の15メートルの岩の上、水深9メートル付近のなだらかな場所の双子岩寄りがゴマモンガラのテリトリーになっています。

triger

ギンガメが浅い水深で、マイニットよりにいる場合で、ギンガメに見とれているとちょうど不意打ちを食らう場所です。気をつけてください。かなりしつこく追いかけられました。写真の珊瑚のあたりが巣になっているみたいです。

双子岩の間近のデッドパーム寄りにいたのが、ずっと天を見上げているこの傷ついたスズメダイ。クリーニングされたいのかと思って見ていましたが、何のクリーナーも出てきません。なんだかお迎えが近そうに思ってカメラを向けました。
aogi

今日はどのポイントも流れがなくて、ギンガメアジも巻いていました。

gingame

マクロレンズじゃ全貌は撮れませんが、30度の生ぬるい海水でちょっと隔てられた先にいる魚の壁の存在感は、何度体験してもよいものですね。

根無権さんのマップ作りに触発されて、よくいる魚のそれらしい写真撮りも課題です。カテドラルの岩の上で張っているとグルクマの一団がやってきます。
gurukuma

明日にはもっと波がおさまってくれることを願っています。


アニラオ ジョーフィッシュらしい

大分波の収まってきたアニラオです。でも、たまに大きな波が来るのと、波でにごっているので、今日もダキエダで講習です。

現在根無権さんがアニラオダイビングマップを作成してくださっているのですが、そのなかで、ジョーフィッシュのいい写真がなかなかないというので、撮ってきました。

普段は穴に入っているジョーフィッシュ。ゲストの皆さんが写真に残しているのは、穴から全身出ている珍しい写真が多いのです。ダイバーが目にするのは、巣穴に入って顔だけ出している姿なので、その「普通」のジョーフィッシュを撮ろうとトライしてきました。

普通ですかね?

こんなのとか?

5メートル付近にいた、ちょっとうすピンクの「和」っぽい魚。幼魚でしょうか?
mure

珊瑚の下に、黄色と薄空色に白の胸鰭のこれもちょっと綺麗なやつ。性格はかなり引きこもりでした。
nazo