アニラオ 恋の季節

暑い日の続くアニラオです。

この時期は求愛期に入っている魚が多いようで、いろいろな魚があちこちで異性にアピールしています。

普段見る何気ない魚も、オスがメスを追っかけてみたり、縄張りを主張してみたり、変な動きをしているので、注目してみては。

080428bera

これはルソンイトヒキベラさんですかね? メスと交差しながら一生懸命アピールしています。


アニラオ アンギラー

今日も晴れたアニラオです。

ボートは、アニラオピア、ダリラウト、イーグルポイント、バスラへ。

バスラの左サイドは、今日もベラ絶好調でした。私は浅めの水深をキープしていたので、スカーレットフィンラスには会えませんでしたが、クジャクベラとか、
kujaku

アンギラーフィンラスさんとか
angilar

アンギラーは動きが早くて、体もちっこくて、撮るのが大変でした。というか、ベラはみんな大変。

エントリー直後にいたのは、なんだかヒルっぽいのをつけたギンポさん。三匹もついていましたが、貧血にはならないんでしょうか?
hiru

コールマンズシュリンプはそんなに探さなくてもすぐにいました。水深は15メートル。
colman


アニラオ 蝶をつかまえるように

日本からいらしたゲストの影響か、最近中層を泳いでいる魚に興味ありです。

今日はキルビス、ソンブレロ、マイニットにボートを出したのですが、目線は中層。中層の色の鮮やかな魚はあちこち泳ぎ回るので、まるで蝶々を追っかけているようでした。

akane
アカネハナゴイさんとか。

goshiki
多分ゴシキキュウセンさん。

marukuchi
黄色いからキイロ何とかかと思ったら、マルクチヒメジ。

agohata
地味だけど、あごひげが「なんだ?」のアゴハタ。


アニラオ マンゴーバナナむき

mango

マンゴーのシーズンです。アニラオのパシフィコアズールリゾートないにもマンゴーの木はたくさんありますが、今日は本場のセブからマンゴーをお土産にいただきました。

セブマンゴーの特徴は、強めの香りと、酸味です。

熟し具合も最高で、バナナむきで食べるのが最高の贅沢です。


アニラオ 何気にミノ系ウミウシの多いアートス

今日も暑いアニラオです。ボートは、マイニット、ツインロックス、アートス、コアラ、バスラ等へ。

ピンクのソフトコーラルがきれいなアートスですが、何気にミノ系ウミウシが多いようです。

こんなのとか。
mino

こんなの。
mino2

定番のアデヤカミノウミウシさんもいます。
adeyaka

バスラ初めてのゲストも、バスラのマクロっぷりに満足でした。
きれいな配色のニシキフウライウオさんとか
nishiki

馬鹿でかいオオモンカエルアンコウが主流のアニラオにあってかわいい、小さいカエルアンコウさんとか。
izari

写真提供YASUさん、ありがとうございました。