アニラオ 上下左右バラクーダ

大潮まわりなので、どのポイントも流れがありました。

バフラでは、北側からエントリーして西の傾斜をラヤグラヤグ方面へ向かいました。

エントリーした直下がブラックフィンバラクーダの群れで、流れの中を10メートルの海底に向かう間、取り囲まれて、右も左も上も下もバラクーダ。視界すべてがバラクーダで埋まる、久しぶりの大きな群れでした。流されたら困るので海底にむかってキックしなければならないのですが、取り囲まれた体験を頭に焼き付けたい忙しいエントリーでした。

ボトムのほうの流れはたいしたこと無かったので、少しアゲインスト気味でラヤグラヤグ方面へ。今日はカメのあたり日で、一匹が目の前を泳ぎさり、二匹目の子ガメは寝ているところをダイバーに添い寝されて驚き、三匹めはあがってきて流れのきつくなってきたあたりで流れさり、その三匹めから近いところにさらに二匹。合計5匹のカメ日でした。

キルビスでは、デッドパーム以外のピグミーシーホースとご対面。色はデッドパームと一緒ですが、キルビスの見所が一つ増えました。

午後はアニラオで最もオニヒトデの多いビリアエリカ前でオニヒトデ退治。エントリーしたところから半径7メートルに一時間滞在して時間が来るまで50匹ぐらいとりましたが、まだまだたくさんいます。早くやっつけたいところです。


アニラオ 今日はでかかった

今日はジャンボ特集です。

マイニットではブラックフィンバラクーダの群れ。ちょうどコーナーの26メートルあたりのところで群れていました。そこの部分だけ透視度が悪かったのがちょっと残念です。

あがってきて安全停止直前で、今度は遠くに大きな尻尾。銀色です。ちょっと沖目に泳ぎ去ってしまったのですが、もしやと思いしばらく待っていると帰ってきました。1.2メートルぐらいのロウニンアジ二匹。水深は7メーター。真正面から見るとうすっぺらいのですが、横を向くと大きい。向かってこられたときにはちょっと怖かったです。ぶつかることなく2メートルぐらいの距離まで近づいたら泳ぎさって行きました。

あんなに大きくなっても二匹仲良く泳ぐもんなんですね。

カテドラルでは大きなラプラプ。シンガポールからいらしたゲストが、あんなに大きなのはじめただと感動していました。その後、大きなゴマモンガラに追いかけられたというから、この日はジャンボ運があったんでしょうね。

ゴマモンは大分おとなしくなってきましたが、たまにまだ卵を持っているのがいるみたいなので、見かけたらもうしばらく注意してくださいね。ほとんどのは向かってこないで泳ぎ去るようになって来ました。


アニラオ 子カニハゼいーっぱい。

雨季に突入したアニラオです。
とはいっても、午前中晴れ、午後少し曇って、夜に少し雨が降る程度。今日は風も波もありませんでした。気温32度。水温29度です。

ベアトリス1、ソンブレロ、ダリラウトと船を出したのですが、ダリラウトではカニハゼが大増殖。1センチ以下の小さなカニハゼちゃんたちがまとまって見られます。一番多く集まっているところで、9匹。そのちょっとしたに4匹見つけました。カニハゼ特有のあのピコピコ動きが、ちっちゃくてさらにかわいいです。大きくなる前に写真に収めたいですね。

午後は曇り気味だったので、ニシキテグリもいっぱいでした。ただし、浅いところにはまだオニヒトデがいますので、写真を撮るときは十分注意してください。


アニラオ 贅沢体験ダイビング

昨日の話題ですが、今日アップします。
昨日のゲストのお一人は体験ダイブに挑戦。フロントでマスククリア等を練習して、ボートでツインロックスへ。

流れも無く、ツインロックスのギンガメ、キンセンフエダイその他群れ群れさんもちゃんと出て、満足でした。サンクチュアリになっているツインロックスの浅いところは魚だらけ。水族館に潜ったことはないのですが、きっとこんな感じなんでしょうねーとゲストと話していました。

二本目はアートスへ。ここで思わぬ珍客と遭遇しました。コアラ側の水深5メートルで70センチぐらいのナポレオンさん。去年いた個体とは別のように見えますが、はじめはお尻だけ見えて、「でっかいゴマモンガラ」と思ったのですが、どうやら違いました。

捕食中だったのをやめて、ゆっくりゆっくりと目の前を泳ぎ去っていきました。

一緒に潜ったファンダイバーは深度が違ったのか、見えなかったそうです。ラッキーな体験ダイビングでした。


アニラオ 雨季間近

ついに来ました。

西の風。

ハバガット、雨季の風を予感させる風です。まったく平水だったリゾートフロントが波立ちます(といっても、日本の伊豆で海洋公園で潜っているダイバーからするとかわいい膝下の波ですが)。

先日からおかしいと思っていました。マイニット方面から吹いている東の風がだんだん北向きに変わっているんです。

東から、北、そして西。

こんなに短期間に風向きって変わるものですね。地球が動いていることを実感する時でした。